踝や足のむくみ・寝ても回復しない漢方薬?

踝や足のむくみ・寝ても回復しない漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】全身むくみ>踝や足のむくみ・寝ても回復しない漢方薬?

踝や足のむくみ・寝ても回復しない漢方薬? (40歳 女性)

今週初めごろより、膝から下、特に踝や足の甲がむくみ一晩寝てもあまり症状の回復がみられず、日中もむくんでいる。暑さのせいか疲労なのか。今までこういう状態になったのは、妊娠中、妊娠中毒症になったとき以来で、今現在妊娠はしていません。

体質的なものもあると思いますが、何かいい漢方薬はありませんか?

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



やや血虚 やや血瘀 やや陽虚 やや気虚 やや湿痰 やや陰虚 やや気滞 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



むくみなどにお悩みのご様子ですね。体質チェックの結果から、血虚と血瘀が高めに出ています。これは、血液の循環が悪く、血が余って停滞している部位と、血が不足している部位があり、偏っていることを示しています。

特に、下半身の血が不足してリンパ液が停滞し、上半身は血が停滞し疲労が溜まっているようです。小便の出具合が良いようですので、当帰芍薬散と補気健中湯をご用意します。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



当帰芍薬散
当帰芍薬散は、血を補いながら血行を改善し、静脈やリンパ液の流れも促進して、むくみや静脈瘤にもよいです。
補気健中湯
補気健中湯は、元気を付け、心臓や胃腸の働きを高めて、むくみを改善します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.