疲れ深い睡眠もできない冷えの漢方薬?

疲れ深い睡眠もできない冷えの漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】全身乗り物酔い>疲れ深い睡眠もできない冷えの漢方薬?

疲れ深い睡眠もできない冷えの漢方薬? (33歳 女性)

最近、身体の疲れが全くとれず、深い睡眠もできていないようです。いろいろ考えごとがあるせいもありますが。もともと乗り物酔いもしやすい体質です。

身体の冷えを取り除き、いろいろな流れが正しくながれ、気力体力充実させたいです。

排便は黒五葉茶(ビューティープランニング)というのを飲むと出て、飲まないと出にくい感じです。排便は1日1回、お茶を飲むと出ます。わりとそのお茶は身体にあっているみたいです。現在低用量ピルを服用中のため、それに影響ないようにお願いします。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



気滞 血虚 湿痰 気虚 陰虚 陽虚 血瘀 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



疲労感あり、熟睡感がなく、気力体力が低下していることにお悩みとのことですね。体質チェックの結果を拝見すると、気滞と血虚、湿痰が高く出ています。

ホルモンと自律神経の働きが乱れて、卵巣や子宮、大腸、膀胱などの機能に影響があり、骨盤内で古血や宿便が停滞しているようです。月経痛が以前は強かったことも、この骨盤内瘀血が原因していたと予想されます。

そこで今回は、柴胡加竜骨牡蛎湯と通導散を組み合わせてご用意します。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



柴胡加竜骨牡蛎湯
柴胡加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、自律神経とホルモンの働きを調整して、イライラ感や不眠、気力低下、だるさなどを改善します。
通導散
通導散は、骨盤内の停滞物である瘀血や宿便を排泄して、骨盤周辺の血行を促進して、子宮卵巣の働きを楽にします。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.