湿疹・微熱・関節痛・味覚障害の漢方薬?

湿疹・微熱・関節痛・味覚障害の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】全身湿疹>湿疹・微熱・関節痛・味覚障害の漢方薬?

湿疹・微熱・関節痛・味覚障害の漢方薬? (41歳 女性)

10年くらい前、右足の土踏まず付近の湿疹から始まり左足、かかと付近まで広がって。皮膚科や大学病院などあちこち周り、ステロイドなどかなり使ってきましたが良くならず。

6年くらい前、シェーグレン様みたいな症状を発症。鼻腔の乾燥、微熱、関節痛、筋肉痛、味覚障害、膣乾燥、月経停止など。今はある漢方薬局さんの漢方薬を服用し良くなってきて居る感じはします。夜布団に入りしばらくかゆくて。また強くはないのですが、腹痛を感じていて。何か良い方法はないかと思いまして。

また疲れたり、ちょっとしたことで不正出血をおこしやすい感じがあり、こちらも改善したいです。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



血虚 湿痰 気滞 血瘀 陽虚 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



湿疹や鼻腔の乾燥、微熱、関節痛、筋肉痛、味覚障害、膣乾燥、月経停止などにお悩みとのことですね。膠原病ではないということで安心しました。

体質チェックの結果にも血虚が一番強く、さらに湿痰や血瘀なども高くなっています。ホルモンの働きを高めて、血液やリンパ液の流れを促進させて、解毒作用を活性化して、湿疹を改善していく必要があると思います。

処方は温経湯がよいでしょう。

だるさや疲れ易さは、湿痰という余分な水分が体内に停滞していることによると思います。ですので、水分代謝を促進する処方も必要と思います。

越婢加朮湯がお勧めです。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



温経湯
温経湯は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、血虚を改善し、皮膚のほてりやかゆみを軽減します。
越婢加朮湯
越婢加朮湯は、炎症を鎮めながら水分代謝を活性化します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.