不妊症(男性向け)|症状・病気

不妊症(男性向け)|症状・病気
お客様ページ

HOME症状病気>不妊症(男性向け)

不妊症(男性向け)

不妊症(男性向け)に関する情報をご紹介します。 東洋医学の視点で、できるだけわかりやすくご紹介します。内容は、東洋医学概論(医道の日本社)、読体術~病気診断・対策編(農村漁村文化協会)を参考にしています。

不妊症の東洋医学的な考え方


男性側が原因の不妊に、「精子過小症」があります。読んで字のごとく精子が過度に少ない状態です。不妊治療では、精子の量を増やすことを考えます。

東洋医学でいう「精」は、生命活動に必要なものが凝縮した「生命力の根源」と考えます。先天的に親から受け継いだものが大きく影響しています。「子」には種という意味があり、精子は生命力を分け与えて新たな生命を創るための精の種と位置づけています。

この精は「腎」に蓄えられています。東洋医学でいう腎は、体の成長、骨や歯の発育、聴力、頭髪、生殖機能などの機能を担っています。

腎に蓄えられた精は「腎精」と呼ばれ、腎精が精子をつくり出しています。精子が少ない原因は、この腎精が少ないか停滞しているかです。

精子をつくる腎精


腎精は、親からの先天的に受け継がれたもののほか、空気から気を取り込む「肺」や、飲食物から取り込む「脾」の働きなどによって、後天的に補充されていきます。

よって、精を補充する肺や脾の働きを高める方策が、男性の不妊治療には有効なのです。

さて、「腎」から生命力を引き出すためには熱が必要になります。この熱の働きを調節しているのが「肝」や「心」で、肝は感情、心は精神活動や睡眠と深く関係していて、これらが乱れると、腎精の補充に影響を与えます。

例えば、次のような生活をしていませんか。

  • 冷たいものが好き
  • 運動不足である
  • 食べ過ぎてしまうことが多い

これらは、脾や腎の熱を奪う要素になります。
  • 働き過ぎの傾向がある
  • 睡眠不足を感じる

過度な活動は人生を消耗させます。腎精を守るには睡眠が大事です。
  • ストレスが多い
  • イライラすることが多い

抑圧された感情は、肝や心の働きを乱します。ゆったりと穏やかな生活が腎にも潤いを与えます。
  • 栄養剤をよく飲む

栄養剤やドリンク剤は、元気を強制的に高めてくれます。しかし、腎精が不足している場合には、強引さが後に影響してきます。乱用は控えたいものです。

不妊の漢方薬


腎精を増やすためには、睡眠や休息のほか、キクラゲ、オクラ、とろろ芋(山芋、長芋)、くるみ、枸杞の実などの食材を取りたいものです。

漢方薬では、腎精を補うような処方が有効になります。


なお、女性の不妊と同様に、お薬や治療に過度に頼ることのないようにしたいものです。

パートナーとの愛を深め、ゆったりとした気持ちでお互いの波長を合わせるような生活を心がけましょう。


不妊症(男性向け)の関連ページ




サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.