痔|症状・病気

痔|症状・病気
お客様ページ

HOME症状病気>痔

痔に関する情報をご紹介します。 東洋医学の視点で、できるだけわかりやすくご紹介します。内容は、東洋医学概論(医道の日本社)、読体術~病気診断・対策編(農村漁村文化協会)を参考にしています。

痔の東洋医学的な考え方


肛門を中心とする血の流れの悪さが、痔をつくります。これは「血瘀」の状態ですから「血瘀」の人がなりやすい病気と考えます。

この「血瘀」になる原因には、次の症状が影響します。

  • 体の冷え
  • 気の滞り
  • 余分な熱
  • 余分な水

冷えは、体を冷やす生活習慣、ストレスの多い環境、辛いものや味の濃いものの食べすぎ、運動不足、長時間座っていることなどが、これらの原因になります。

便秘などで「直腸」あたりに大便が留まると、血の流れを阻害します。

そもそも便秘自休が、腸の動きを止めることになるので、痔の治療を考えるときは、肛門周囲だけでなく腸管自体の気血の流れをよくすることが大切です。

気虚」の人にも痔の素因があるといえます。血を動かす気の力が弱ったがための発症です。

イボ痔と切れ痔


痔には、イボ痔と切れ痔があります。

イボ痔は、血液の流れの悪さで血管が膨隆したり変形したりしてイボ状の核をつくります。対処方としては、血流を盛んにすることで解決されます。

切れ痔は、血流の悪さのために肛門や周りの皮膚が弾力性を失い、排便で肛門が拡がる際に切れてしまった状態です。体質の状態が良くなければ、傷を治す力も衰えて出血が続くこともあります。この場合は血流の改善や傷を修復するための血を補います。

寝不足や疲労が続くと体にゆとりがなくなり、血を動かす力が弱まるために痔になりやすくなりますので、ご注意ください。

痔の漢方薬



痔に効く漢方薬はどれを選べばいいの?


痔の関連ページ




サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.