気管支炎・肺炎|症状・病気

気管支炎・肺炎|症状・病気
お客様ページ

HOME症状病気>気管支炎・肺炎

気管支炎・肺炎

気管支炎・肺炎に関する情報をご紹介します。 東洋医学の視点で、できるだけわかりやすくご紹介します。内容は、東洋医学概論(医道の日本社)、読体術~病気診断・対策編(農村漁村文化協会)を参考にしています。

気管支炎など肺病の東洋医学的な考え方


酸素や二酸化炭素など、大気中の気体が肺を通って血液の中に出入りするためには、肺の壁が潤っていて柔軟であることが大切です。東洋医学的にみれば、肺には水が適度に満ちていることが重要と考えます。

肺の壁が硬くなってしまうのが、肺線維症や間質性肺炎という病気があります。この病気は、東洋医学では、水が少なくなる「陰虚」のために肺が硬くなると考えます。

肺以外の異常も


東洋医学でいう「肺」の働きのほか、腎や脾など水の巡りのしくみに関係する働きの異常として、対策を立てます。加齢とともに症状が強くなることは、この病気が「腎」と関わっていることを示しています。

さて、肺を潤すためには、水を肺のある体の高い位置まで届ける力を充実させないといけません。そのためには、水を温める「腎」の熱を増やし、水を持ち上げる「脾」に負担をかけないために冷たい物の食べすぎ飲みすぎを控えることが大切です。

肺が乾いているので水をたくさん飲めばよいと感じるかもしれませんが、それは間違いで、飲んだ水はそのまま肺を潤すわけではなく、かえって水を動かす力を低下させます。痰が多く出る場合は要注意です。

肺の壁を通過した大気中の気体は、肺の周りの血管に入り込んで、血流によって体中に配られます。そのため、肺の働きを補助的に助ける意味で、血流を維持することはとても重要になります。息苦しさのために動かずにじっとしてしまいがちですが、これでは悪循環になります。

苦しく感じない程度のペースで動くことが、肺の病気を改善させる有効手段です。

気管支炎などの肺の病気の漢方薬


肺から取り込む気を盛り立てる漢方薬を用います。麻黄、杏仁などの生薬で気の巡りを推し進め、息苦しさを楽にします。


気管支拡張症や慢性気管支炎では、気管支での分泌が過剰な状態で痰がたくさん出ることが症状の特徴なので、痰を取る漢方薬を用います。

更に、痰が粘っこくて白いものでは、水の過剰さに加えて動きの悪さが強くなっています。

湿を解消する方法に加えて熱を解決する場合には次の漢方薬を用います。

気管支炎に効く漢方薬はどれを選べばいいの?


気管支炎・肺炎の関連ページ




サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.