卵巣嚢腫、子宮内膜症|症状・病気

卵巣嚢腫、子宮内膜症|症状・病気
お客様ページ

HOME症状病気>卵巣嚢腫、子宮内膜症

卵巣嚢腫、子宮内膜症

卵巣嚢腫、子宮内膜症に関する情報をご紹介します。 東洋医学の視点で、できるだけわかりやすくご紹介します。内容は、東洋医学概論(医道の日本社)、読体術~病気診断・対策編(農村漁村文化協会)を参考にしています。

卵巣嚢腫、子宮内膜症の東洋医学的な考え方


卵巣嚢腫や子宮内膜症は、排卵のメカニズムの異常が生み出す卵巣内の塊で、内部に分泌物や液体や血液が入っています。

漢方の証としては、「湿熱」「血瘀」「湿痰」と関係する状態です。その状態に至った原因を探し、治療する必要があります。

卵巣嚢腫は、卵巣の一部が分泌物を中に貯めながら増殖していきます。

排卵のメカニズムを知る


排卵のメカニズムです。まず、東洋医学の「心」の指令で性ホルモンを刺激します。次に、「脾」による卵胞の成熟や「肝」によって卵巣の中心から表層へ卵胞を移動させた後に、「腎」によって排卵のために卵巣表面の膜を開いていきます。

これらの一連の流れの中では、特に「肝」や「腎」の異常が嚢胞を形成することに関わっていると考えることができます。

卵巣嚢腫は、外に向かうべきものがうまく解放されない状態です。「気滞」にみられる気の滞りや、「陽虚」にみられる熱不足の結果、「血瘀」や「湿痰」が形成されたと考えます。

子宮内膜症は、子宮の内側で増殖するはずの子宮内膜が、その機能を保ったまま卵巣内や腹腔内で孤立して増殖したものです。増殖した内膜を排泄する出口がないので、中に不要な血が溜まっている状態です。

細胞の性質が、間違って子宮内膜の性質に変化して増殖することや、正常な子宮内膜が卵管を逆流して腹腔内にばらまかれて居着き、増殖することなどが原因とされています。いずれにしても、妊娠や月経の働きに関係する「腎」「脾」「肝」などの作用と、血の存在が関わる病気としてとらえます。

卵巣嚢腫、子宮内膜症の漢方薬


漢方薬を決める際は、気の巡りや体の冷えに注意することが大切です。

また、血や水を巡らせて、血の塊を解消する治療方針を立てます。原因としての臓腑の異常を解決するため、肝の働きを伸びやかにしたり、温めて腎の働きを援助したりする治療を組み合わせます。



卵巣嚢腫、子宮内膜症の関連ページ




サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.