緑内障|症状・病気

緑内障|症状・病気
お客様ページ

HOME症状病気>緑内障

緑内障

緑内障に関する情報をご紹介します。 東洋医学の視点で、できるだけわかりやすくご紹介します。内容は、東洋医学概論(医道の日本社)、読体術~病気診断・対策編(農村漁村文化協会)を参考にしています。

緑内障とは


緑内障は、眼球の前方にある房水の流通が悪くなり眼圧が上がり、視野の異常や視神経の萎縮が生じる病です。

急に眼圧が上昇すると、角膜の浮腫やにごり、結膜の充血、眼の痛み、それに頭痛、吐き気などの症状が出てきます。厄介なのは、緑内障では相当進行するまで、自覚症状がないことです。

緑内障の東洋医学的な考え方


緑内陣は、東洋医学では、気・血・水の滞りにあると考えます。目の周りにその現象が出ているのです。

お年寄りや神経質な女性に多く、特に「腎」の働きの不足や「気の滞り」が主な原因として考えられます。また、水の停滞する「湿痰」、生命力である精が足りない「陽虚」、気が渋滞中の「気滞」などとも関係し障害が出ます。

また、水分の取りすぎや体を冷やすことは避けなければなりません。

緑内障の漢方薬


眼の周囲の循環を改善し、水を下の方向に降ろすように、次の漢方薬で治療していきます。


水の動きを悪くさせる原因として「陽虚」があるときは、八味地黄丸料桂枝加朮附湯など、腎を温める漢方薬を合わせると効果的です。

目の疲れ、ドライアイに効く漢方薬はどれを選べばいいの?


緑内障の関連ページ




サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.