Warning: strpos() [function.strpos]: Offset not contained in string in /home/users/0/lolipop.jp-kowado/web/uchikanpo/syoujou_m/syoujou_syousai.php on line 139
子宮筋腫|症状・病気

 子宮筋腫|症状・病気

子宮筋腫|症状・病気
お客様ページ

HOME症状病気>子宮筋腫

子宮筋腫

子宮筋腫に関する情報をご紹介します。 東洋医学の視点で、できるだけわかりやすくご紹介します。内容は、東洋医学概論(医道の日本社)、読体術~病気診断・対策編(農村漁村文化協会)を参考にしています。

子宮筋腫の東洋医学的な考え方


子宮筋腫は、「子宮」に塊ができるほかに、「月経血」にも塊をみることが多い病気です。女性ホルモンの分泌が過剰になったことにより、ホルモンバランスが乱れ、子宮の血管付近の筋肉が増大するものです。

筋腫自体は健常な筋肉のようにとらえます。発育の過程での栄養障害が起きたことで、組織が壊れ、浮腫や液状・線維化や壊死になります。

筋腫は、東洋医学では血が停滞する「血瘀」な状態と考えるのが一般的です。
一方で、筋腫が大きくなると、その表面に血管が増えて大きくなってくることなどから、単なる「血瘀」として考えるだけでなく、ホルモンバランスの乱れを原因としてとらえます。

そうなると、体をつくる働きをする「腎」や「脾」、こうした臓腑の活動を訓整する「肝」や「心」の機能を含めたバランスが崩れていないかチェックしなければなりません。

子宮筋腫のいろいろな証


証としては、「血瘀」が中心になりますが、気が足りない「気虚」、精が足りない「陽虚」、水が足りない「陰虚」、気が停滞する「気滞」などが影響していることが多いです。気の巡りや胃腸への負担、そして体の冷えなどに注意を向けたいものです。

この筋腫は、それ自体ではあまり悪さをしないと考えられています。

問題は、二次的な症状です。まずは貧血です。貧血は、東洋医学的には血の不足である「血虚」です。筋腫が存在することで、子宮内膜の血の停滞や子宮収縮力の低下が起こって、月経の際に出血が多くなります。

東洋医学的には、止血や血液をつくる働きは、「脾」と関係します。筋肉を増やすのも脾の働きですから、脾の働きの低下や亢進があり調整が乱れます。

筋腫があると、その圧迫のために、下腹部の重い感じ、足のむくみ、下肢の静脈瘤、膀胱を圧迫する排尿障害、直腸を圧迫した便秘、横隔膜が押し上げられることによる胸部圧迫感が生じます。これらは、「血瘀」や「湿痰」の症状です。

解決のためには、血や水の巡りをよくして、その通行の障害を軽減する対策が必要です。月経時に強い痛みのあるときは、粘膜下筋腫や筋腫などの部位で血流障害を起こしています。

子宮筋腫の漢方薬


子宮筋腫の漢方治療では、筋腫自体を解消するという治療に加え、脾や腎を強める工夫が大切です。例えば、止血、血の巡りの改善、余分な湿の除去、体を温めて気血の流れをスムーズにするなどです。


子宮筋腫の関連ページ




サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.