頭痛|症状・病気

頭痛|症状・病気
お客様ページ

HOME症状病気>頭痛

頭痛

頭痛に関する情報をご紹介します。 東洋医学の視点で、できるだけわかりやすくご紹介します。内容は、東洋医学概論(医道の日本社)、読体術~病気診断・対策編(農村漁村文化協会)を参考にしています。

頭痛は重大な病気と関係も


頭痛は、脳腫瘍や顔面頭部の腫瘍、脳内の血管障害など、重大な病気と関係する場合があります。まだ医療機関での検査がまだのようでしたら、一度は検査をされることをおススメします。

一方で、検査をしても原因の見当たらない、慢性的な頭痛に悩まされる方も多いのも事実です。

例えば、西洋医学では、筋肉の緊張や頭皮の知覚をつかさどる三叉神経の異常な反応、血管拡張や炎症などの刺激による原因などが考えられますが、解明されていないことが多くあります。

頭痛の東洋医学的な考え方


東洋医学では、痛みというのは、何かの滞りが原因であると考えます。頭痛は、頭部を流れている気・血・水が過剰になり渋滞していないかを疑います。

一方で、少なすぎて干しあがった川のように流れないことなどもあります。また、流す力が強すぎても、流れるパイプの太さは一定ですから渋滞を起こします。流す力がチョロチョロと弱くても流れに勢いがなくて頭痛になります。

その原因をつぶさに探る必要があります。分ける方法としては、痛みの質です。

  • 気の滞りは、張ったような痛みになります。
  • 血の滞りは、深い部分で締め付けるような痛みです。
  • 水の滞りは、ズーンとした重だるい痛みになります。

また、「気滞」や「血瘀」は、それぞれ気血の流れの悪さ、「湿熱」や「湿痰」では水の過剰による渋滞、「血虚」や「陰虚」では血と水が少ないがための流れの悪さ、「気虚」や「陽虚」ではエネルギーとなる気や精が弱いことによる流れの悪さとなります。

頭痛の原因は「心」に


さらに、こうした頭痛の場合の痛みは、頭が体の上にあることから、頭脳活動と関係します。頭脳を司るのは、東洋医学では「心」です。心の働きに関係して頭痛になるというものです。

そして、心だけでなく、気血の流れを誘導する「肝」や「脾」の働きの異常が原因となって、頭痛が起こっていることも疑う必要があります。

頭痛の漢方薬


そこで、原因や症状ごとに解決策を考えます。

「ストレスや怒りの感情」など、上に向かう気の流れが盛んになって起こる頭痛は、気を落ち着かせ、リラックス、気分転換を上手にすることがよいと思います。

漢方薬としては、肝の気を下に下ろす作用がある次のものが候補になります。


「眼の使いすぎや頭脳労働の過剰」の場合は、「肝」や「心」の活動過剰で熱の過剰や潤いの消耗を招きます。結果として、イライラや怒りっぽい、不眠といった症状をともなう頭痛になります。こういう頭痛には、適度に休息をいれ、頭ばかりでなく体も使うようにしてバランスをとることが必要です。

「全身の過労や寝不足」では、「腎」の消耗から頭部の潤いが少なくなって頭痛になります。夜間のほてりや足の裹の熱感などをともないます。

なお、睡眠を充分とることが必要ですので、寝不足の方はご注意ください。

「風邪」の頭痛は、体の表面で体が病気と闘っていることで起きるものです。

「冷え」を起因とする頭痛も、風邪と同様に発散させて解消することもあります。

薄着を避けて体を冷やさないようにすることや、運動によって熱を作り出したいものです。

「水の過剰」や水の塊である「痰」が流れを邪魔するような頭痛では、余分な水を排除し痰を解消する漢方薬がよいです。

「胃腸の力が弱く」て、頭のほうに気血が巡らず頭痛になることがあります。また、食べすぎや食欲がないのに無理して食べ、胃腸に負担をかけることが原因になることもあります。

胃腸の働きを高め、頭部への流れを回復させる漢方薬を使います。

頭痛の漢方治療や漢方薬を選ぶときに、頭部ばかりに目を向けるのではなく、全身を見直して、何が原因なのかを見極める必要があります。

頭痛に効く漢方薬はどれを選べばいいの?
ストレスに効く漢方薬はどれを選べばいいの?


頭痛の関連ページ




サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.