牡蠣(ボレイ)

牡蠣(ボレイ)|生薬
お客様ページ

HOME生薬の種類>牡蠣

牡蠣(ボレイ)

牡蠣(ボレイ)の情報をお伝えします。
内容は、生薬辞典、生薬(中薬)四方山話、中医生薬解説などを参考に作成しています。 牡蠣(ボレイ)は、お薬として単独で用いられることもありますが、ほとんどは、東洋医学(漢方)の理論に基づき他の生薬と組み合わせて、漢方薬として用いられます。

牡蠣の原材料


イボタガキ科のマガキなどの左殻カキの貝殻


牡蠣を五味で表現


鹹 → 「腎」に効いてくる


牡蠣の分類


平肝熄風薬(風邪によって起こる痙攣やめまいなどを止める薬)


牡蠣の働き


  • 制酸、止渇、止汗、鎮静薬として、次の症状に効果がある。
  • 胃酸過多症
  • 盗汗
  • 夢精
  • 精神不安症

牡蠣の薬効


  • 鎮静作用
  • 収斂作用
  • 制酸作用
  • 止汗作用

牡蠣を寒熱で表現



牡蠣を使用する漢方薬


サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.