黄連(オウレン)

黄連(オウレン)|生薬
お客様ページ

HOME生薬の種類>黄連

黄連(オウレン)

黄連(オウレン)の情報をお伝えします。
内容は、生薬辞典、生薬(中薬)四方山話、中医生薬解説などを参考に作成しています。 黄連(オウレン)は、お薬として単独で用いられることもありますが、ほとんどは、東洋医学(漢方)の理論に基づき他の生薬と組み合わせて、漢方薬として用いられます。

黄連の原材料


キンポウゲ科オウレン又は近縁植物の根茎の髭根を除いた根茎を乾燥したもの


黄連を五味で表現


苦 → 「心」に効いてくる


黄連の分類


清熱燥湿薬(乾燥させ、余分な熱を除去する薬)


黄連の働き


  • 苦味健胃鎮静薬として、次の症状に効果がある。
  • 精神不安
  • 心下部のつかえ
  • 吐下
  • 腹痛
  • 出血

黄連の薬効


  • 解熱作用
  • 消炎作用
  • 健胃作用

黄連を寒熱で表現



黄連を使用する漢方薬


サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.