鎮痛の生薬

鎮痛|生薬
お客様ページ

HOME生薬の種類>鎮痛に有効な生薬

鎮痛に有効な生薬

■フリーワード検索



■症状別検索

ア行
足冷
アレルギー
胃炎
すべて表示

カ行
外傷
顔色
風邪
すべて表示

サ行
殺菌
サナダムシ
産後
すべて表示

タ行
ダイエット
唾液
多汗
すべて表示

ナ行
夏バテ
肉体疲労
尿血
すべて表示

ハ行
歯痛
排尿障害
排尿痛
すべて表示

マ行
麻疹
痳痺
まぶたの腫れ
すべて表示

ヤ行
腰痛

ラ行
リウマチ/リューマチ
利水
利胆
すべて表示
威霊仙(イレイセン)
 のどに刺さった魚の骨を柔らかくする。黒砂糖を溶かした酢とともに服用する。  また、鎮痛薬として利用される。 神経痛 リウマチ 痛風 筋肉痛 腰痛 言語障害 手足の痳痺 まぶたの引きつれ 盗汗 黄疸 浮腫 
→祛風湿薬(風邪の湿邪によって起こる体の痛みを緩和させる薬)
延胡索(エンゴサク)
浄血、鎮痛、鎮痙薬として利用されている。 頭痛 胸焼け 胃痛 腹痛 月経痛 
→活血化瘀薬[理血薬](血行を促し、瘀血を除去する薬)
乾姜(カンキョウ)
鎮咳 解熱 鎮吐 鎮痛 腸内の活性化 唾液分泌の促進 
→温裏薬[散寒薬](体内の冷えを取り除く薬)
甘草(カンゾウ)
鎮痛 抗炎症 胃痛 鎮咳去痰 解毒 十二指腸潰瘍 
→補気薬(気を補う薬)
羌活(キョウカツ)
発汗 解熱 鎮痛 抗炎症 駆風 利尿 
→辛温解表薬(体を温め、体表にある邪気を取り除く薬)
荊芥(ケイガイ)
皮膚疾患 鎮痛 抗炎症 
→辛温解表薬(体を温め、体表にある邪気を取り除く薬)
桂皮(ケイヒ)
解熱、鎮痛薬として、次の症状に効果がある。 頭痛 発熱 のぼせ 感冒 身体疼痛 
→辛温解表薬(体を温め、体表にある邪気を取り除く薬)
香附子(コウブシ)
通経、浄血、鎮痛薬として、次の症状に効果がある。 月経不順 月経痛 神経痛 腹痛 
→理気薬[行気薬](気の運行を調節する薬)
柴胡(サイコ)
解熱、解毒、鎮痛、消炎薬として、次の症状に効果がある。 寒熱往来 黄疸 胸腹部や脇下部の痛み 月経痛 
→辛涼解表薬(体を冷やし、体表にある邪気を取り除く薬)
辛夷(シンイ)
鎮静、鎮痛薬として、次の症状に効果がある。 頭痛 頭重 鼻炎 蓄膿症 
→辛温解表薬(体を温め、体表にある邪気を取り除く薬)
蒼朮(ソウジュツ)
健胃消化 止瀉整腸 利尿 強壮 鎮痛薬 
→芳香化湿薬(湿邪を乾燥させ、脾胃の働きを改善する薬)
桑白皮(ソウハクヒ)
鎮咳 去痰 鎮痛 抗炎症 インターフェロンの誘起 血圧降下 
→止咳平喘薬(咳や喘息を止める薬)
大茴香(ダイウイキョウ)
芳香性の健胃 鎮痛 タミフルの原料となる。 
→―
大棗(タイソウ)
次の症状に効果がある。また、漢方薬の重要な調整役として、異なる成分の薬理作用の衝突を和らげるため、様々な処方箋によく加えられる。 強壮 鎮痛 利尿 筋肉の緊張による疼痛 過敏症 腹痛 咳漱 身痛 
→補気薬(気を補う薬)
杜仲(トチュウ)
次の症状に効果がある。 強壮 強精 鎮痛 腰痛 腎臓や肝臓疾患 高血圧 
→補陽薬(陽気を補う薬)
独活(ドッカツ)
発汗 解熱 鎮痛 抗炎症 駆風 利尿 神経痛、冷え症の緩和 
→祛風湿薬(風邪の湿邪によって起こる体の痛みを緩和させる薬)
良姜(リョウキョウ)
次の症状に効果がある。 健胃 鎮痛 胃痛 消化不良 嘔吐 腹痛下痢 
→温裏薬[散寒薬](体内の冷えを取り除く薬)

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.