「血虚」体質を改善する漢方薬

「血虚」体質を改善する漢方薬
お客様ページ

HOME漢方薬の種類>「血虚」体質を改善する漢方薬

「血虚」体質を改善する漢方薬

■フリーワード検索



■証別検索

温経湯(うんけいとう)
「手足がほてり、唇がかわく人」の次の症状に有効とされています。
月経不順 月経困難 こしけ       
→よく使われる証:血虚 
加味逍遥散(かみしょうようさん)
「体質虚弱な女性で肩がこり、疲れやすく、精神不安などの精神神経症状や便秘傾向にある人」の次の症状に有効とされています。
冷え症 虚弱体質 月経不順    
→よく使われる証:血虚 気滞 
甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)
「体力中等度以下で、神経が過敏で驚きやすくときにあくびが出る人」の次の症状に有効とされています。
不眠症 夜泣き ひきつけ 
→よく使われる証:血虚 
芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)
次の症状に有効とされています。
痔出血 
→よく使われる証:血虚 
芎帰調血飲(きゅうきちょうけついん)
「産後の神経症、体力が低下している人」の次の症状に有効とされています。
月経不順 
→よく使われる証:血虚 
芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)
「体力中等度以下の人」の次の症状に有効とされています。
月経不順 体力低下 血の道症 
→よく使われる証:血虚 
柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
「体力が弱く、冷え症、貧血気味で、動悸、息切れがあり、神経過敏の人」の次の症状に有効とされています。
更年期障害 血の道症 神経症  
→よく使われる証:血虚 気滞 
酸棗仁湯(さんそうにんとう)
「心身がつかれ弱って眠れない人」に有効とされています。
→よく使われる証:血虚 陰虚 
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
「筋肉が一体に軟弱で疲労しやすく、腰脚の冷えやすい人」の次の症状に有効とされています。
貧血 倦怠感 更年期障害(頭重、頭痛、めまい、肩こり等)          
→よく使われる証:血虚 
当帰四逆湯(とうきしぎゃくとう)
「体質が虚弱で冷え性の人」に有効とされています。
→よく使われる証:血虚 
当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
「手足の冷えを感じ、下肢が冷えると下肢又は下腹部が痛くなり易い人」の次の症状に有効とされています。
しもやけ 頭痛 下腹部痛  
→よく使われる証:血虚 
人参養栄湯(にんじんようえいとう)
次の症状に有効とされています。
病後の体力低下 疲労けん怠 食欲不振    
→よく使われる証:気虚 血虚 
補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
「消化機能が衰え、四肢けん怠感著しい虚弱体質の人」の次の症状に有効とされています。
夏やせ 病後の体力増強 結核症          
→よく使われる証:気虚 血虚 
紫雲膏(しうんこう)
次の症状に有効とされています。
火傷 痔核による疼痛 肛門裂傷 
→よく使われる証:血虚 陰虚 血瘀 
滋腎明目湯(じじんめいもくとう)
「体力虚弱な人」の次の症状に有効とされています。
目のかすみ 目の疲れ 目の痛み 
→よく使われる証:血虚 陰虚 
滋腎通耳湯(じじんつうじとう)
「体力虚弱な人」の次の症状に有効とされています。
耳鳴り 聴力低下 めまい 
→よく使われる証:血虚 陰虚 気滞 
能活精(のうかっせい)
次の場合の滋養強壮に有効とされています。
虚弱体質 肉体疲労 病中病後      
→よく使われる証:血虚 陰虚 

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.