「気虚」体質を改善する漢方薬

「気虚」体質を改善する漢方薬
お客様ページ

HOME漢方薬の種類>「気虚」体質を改善する漢方薬

「気虚」体質を改善する漢方薬

■フリーワード検索



■証別検索

黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)
「体が虚弱で疲労しやすい人」の次の症状に有効とされています。
虚弱体質 病後の衰弱 ねあせ 
→よく使われる証:気虚 
加味帰脾湯(かみきひとう)
「虚弱体質で血色の悪い人」の次の症状に有効とされています。
貧血 不眠症 精神不安  
→よく使われる証:気虚 
香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)
「体力中等度以下で、気分が沈みがちで頭が重く、胃腸が弱く、食欲がなく、みぞおちがつかえて疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすい人」の次の症状に有効とされています。
胃炎 胃腸虚弱 胃下垂     
→よく使われる証:気虚 湿痰 
十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
次の症状に有効とされています。
病後の体力低下 疲労倦怠 食欲不振    
→よく使われる証:気虚 
小建中湯(しょうけんちゅうとう)
「体質虚弱で疲労しやすく、血色がすぐれず、腹痛、動悸、手足のほてり、冷え、頻尿および多尿などのいずれかを伴う人」の次の症状に有効とされています。
小児虚弱体質 疲労けん怠 神経質    
→よく使われる証:気虚 
人参養栄湯(にんじんようえいとう)
次の症状に有効とされています。
病後の体力低下 疲労けん怠 食欲不振    
→よく使われる証:気虚 血虚 
補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
「消化機能が衰え、四肢けん怠感著しい虚弱体質の人」の次の症状に有効とされています。
夏やせ 病後の体力増強 結核症          
→よく使われる証:気虚 血虚 
六君子湯(りっくんしとう)
「胃腸が弱く、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすい人」の次の症状に有効とされています。
胃炎 胃アトニー 胃下垂     
→よく使われる証:気虚 湿痰 
補気健中湯(ほきけんちゅうとう)
「体力虚弱で胃腸が弱い人」の次の症状に有効とされています。
腹部膨満感 むくみ 
→よく使われる証:気虚 湿痰 
律鼓心(りっこしん)
次の症状に有効とされています。
動悸 息切れ 気つけ 
→よく使われる証:気虚 陽虚 

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.