「気滞」体質を改善する漢方薬

「気滞」体質を改善する漢方薬
お客様ページ

HOME漢方薬の種類>「気滞」体質を改善する漢方薬

「気滞」体質を改善する漢方薬

■フリーワード検索



■証別検索

安中散(あんちゅうさん)
「やせ型で腹部筋肉が弛緩する傾向にあり、胃痛又は腹痛があって、ときに胸やけ、げっぷ、食欲不振、はきけなどを伴う人」の次の症状に有効とされています。
神経性胃炎 慢性胃炎 胃アトニー 
→よく使われる証:気滞 
黄連湯(おうれんとう)
「胃部の停滞感や重圧感、食欲不振のある人」の次の症状に有効とされています。
急性胃炎 二日酔 口内炎 
→よく使われる証:気滞 
加味逍遥散(かみしょうようさん)
「体質虚弱な女性で肩がこり、疲れやすく、精神不安などの精神神経症状や便秘傾向にある人」の次の症状に有効とされています。
冷え症 虚弱体質 月経不順    
→よく使われる証:血虚 気滞 
霍香正気散(かっこうしょうきさん)
次の症状に有効とされています。
夏の感冒 食欲不振 下痢  
→よく使われる証:気滞 
加味温胆湯(かみうんたんとう)
「体力中等度以下で胃腸が虚弱な人」の次の症状に有効とされています。
神経症 不眠症 
→よく使われる証:気滞 湿熱 
香蘇散(こうそさん)
「胃腸虚弱で神経質の人」の次の症状に有効とされています。
風邪の初期 
→よく使われる証:気滞 
柴陥湯(さいかんとう)
次の症状に有効とされています。
咳 咳による胸痛 
→よく使われる証:気滞 
柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
「比較的体力があり、心悸亢進、不眠、いらだち等の精神症状のある人」の次の症状に有効とされています。
高血圧症 動脈硬化症 慢性腎臓病       
→よく使われる証:陰虚 気滞 
柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
「体力が弱く、冷え症、貧血気味で、動悸、息切れがあり、神経過敏の人」の次の症状に有効とされています。
更年期障害 血の道症 神経症  
→よく使われる証:血虚 気滞 
柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
「発熱汗出て、悪寒し、身体痛み、頭痛、はきけのある人」の次の症状に有効とされています。
感冒・流感・肺炎・肺結核などの熱性疾患 胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胆のう炎・胆石・肝機能障害・膵臓炎などの心下部緊張疼痛 
→よく使われる証:気滞 湿痰 
柴朴湯(さいぼくとう)
「気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、時に動悸、めまい、嘔気などを伴う人」の次の症状に有効とされています。
小児ぜんそく 気管支ぜんそく 気管支炎   
→よく使われる証:気滞 
三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)
「体力中等度以上で、のぼせ気味で顔面紅潮し、精神不安やみぞおちのつかえ、便秘傾向などのある人」の次の症状に有効とされています。
高血圧 のぼせ 肩こり          
→よく使われる証:陰虚 気滞 
四逆散(しぎゃくさん)
「比較的体力があり、大柴胡湯証と小柴胡湯証との中間証を表わす人」の次の症状に有効とされています。
胆嚢炎 胆石症 胃炎       
→よく使われる証:気滞 
潤腸湯(じゅんちょうとう)
次の症状に有効とされています。
便秘 
→よく使われる証:気滞 
小柴胡湯(しょうさいことう)
「体力中等度で上腹部がはって苦しく、舌苔を生じ、口中不快、食欲不振、時により微熱、悪心などのある人」の次の症状に有効とされています。
諸種の急性熱性病 肺炎 気管支炎        
→よく使われる証:気滞 
神秘湯(しんぴとう)
次の症状に有効とされています。
小児ぜんそく 気管支ぜんそく 気管支炎 
→よく使われる証:気滞 
女神散(にょしんさん)
「のぼせとめまいのある人」の次の症状に有効とされています。
産前産後の神経症 月経不順 血の道症 
→よく使われる証:気滞 
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
「気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気を伴う人」の次の症状に有効とされています。
不安神経症 神経性胃炎 つわり     
→よく使われる証:気滞 
半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)
「みぞおちがつかえ、ときに悪心、嘔吐があり食欲不振で腹が鳴って軟便又は下痢の傾向のある人」の次の症状に有効とされています。
急・慢性胃腸カタル はっ酵性下痢 消化不良         
→よく使われる証:気滞 
茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)
「気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、時に動悸、めまい、嘔気、胸やけなどがあり、尿量の減少する人」の次の症状に有効とされています。
不安神経症 神経性胃炎 つわり   
→よく使われる証:気滞 湿痰 
平胃散(へいいさん)
「胃がもたれて消化不良の傾向のある人」の次の症状に有効とされています。
急・慢性胃カタル 胃アトニー 消化不良  
→よく使われる証:気滞 
麻子仁丸料(ましにんがんりょう)
次の症状に有効とされています。
便秘 
→よく使われる証:気滞 
木防已湯(もくぼういとう)
「顔色がさえず、咳をともなう呼吸困難があり、心臓下部に緊張圧重感がある人」の次の症状に有効とされています。
心臓、腎臓にもとづく疾患 浮腫 心臓性喘息 
→よく使われる証:気滞 湿熱 
抑肝散(よくかんさん)
「虚弱な体質で神経がたかぶる人」の次の症状に有効とされています。
神経症 不眠症 小児夜なき  
→よく使われる証:気滞 
抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)
「虚弱な体質で神経がたかぶる人」の次の症状に有効とされています。
神経症 不眠症 小児夜なき  
→よく使われる証:気滞 
滋腎通耳湯(じじんつうじとう)
「体力虚弱な人」の次の症状に有効とされています。
耳鳴り 聴力低下 めまい 
→よく使われる証:血虚 陰虚 気滞 

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.