「湿熱」体質を改善する漢方薬

「湿熱」体質を改善する漢方薬
お客様ページ

HOME漢方薬の種類>「湿熱」体質を改善する漢方薬

「湿熱」体質を改善する漢方薬

■フリーワード検索



■証別検索

茵蔯蒿湯(いんちんこうとう)
「尿量減少、やや便秘がちで比較的体力のある人」の次の症状に有効とされています。
黄疸 肝硬変症 ネフローゼ   
→よく使われる証:湿熱 
茵蔯五苓散(いんちんごれいさん)
「のどが渇いて、尿が少ない人」の次の症状に有効とされています。
嘔吐 じんましん 二日酔のむかつき  
→よく使われる証:湿熱 
越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)
「浮腫と汗が出て小便に支障のある人」の次の症状に有効とされています。
腎炎 ネフローゼ 脚気    
→よく使われる証:湿熱 
乙字湯(おつじとう)
「病状がそれほど激しくなく、体力が中位で衰弱していない人」の次の症状に有効とされています。
キレ痔 イボ痔 
→よく使われる証:湿熱 
加味温胆湯(かみうんたんとう)
「体力中等度以下で胃腸が虚弱な人」の次の症状に有効とされています。
神経症 不眠症 
→よく使われる証:気滞 湿熱 
五淋散(ごりんさん)
次の症状に有効とされています。
頻尿 排尿痛 残尿感 
→よく使われる証:湿熱 
五苓散(ごれいさん)
「口渇、尿量減少する人」の次の症状に有効とされています。
浮腫 ネフローゼ 二日酔           
→よく使われる証:湿熱 
消風散(しょうふうさん)
分泌物が多く、かゆみの強い慢性の次の皮膚病に有効とされています。
湿疹 蕁麻疹 水虫   
→よく使われる証:湿熱 
清肺湯(せいはいとう)
次の症状に有効とされています。
痰の多く出る咳 
→よく使われる証:湿熱 
大柴胡湯(だいさいことう)
「比較的体力があり、便秘がちで、上腹部が張って苦しく、耳鳴り、肩こりなど伴う人」の次の症状に有効とされています。
胆石症 胆のう炎 黄疸              
→よく使われる証:湿熱 
猪苓湯(ちょれいとう)
「尿量減少、小便難、口渇を訴える人」の次の症状に有効とされています。
尿道炎 腎臓炎 腎石症      
→よく使われる証:湿熱 
防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
「腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちな人」の次の症状に有効とされています。
高血圧の随伴症状(どうき、肩こり、のぼせ) 肥満症 むくみ  
→よく使われる証:湿熱 
麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)
次の症状に有効とされています。
小児ぜんそく 気管支ぜんそく 
→よく使われる証:湿熱 
木防已湯(もくぼういとう)
「顔色がさえず、咳をともなう呼吸困難があり、心臓下部に緊張圧重感がある人」の次の症状に有効とされています。
心臓、腎臓にもとづく疾患 浮腫 心臓性喘息 
→よく使われる証:気滞 湿熱 
竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)
「比較的体力があり、下腹部筋肉が緊張する傾向がある人」の次の症状に有効とされています。
排尿痛 残尿感 尿の濁り  
→よく使われる証:湿熱 
葛根黄連黄芩湯(かっこんおうれんおうごんとう)
「体力中等度の人」の次の症状に有効とされています。
下痢 急性胃腸炎 口内炎    
→よく使われる証:陰虚 湿熱 
分消湯(ぶんしょうとう)
「体力中等度以上で、尿量が少なくて、ときにみぞおちがつかえて便秘の傾向のある人」の次の症状に有効とされています。
むくみ 排尿困難 腹部膨満感 
→よく使われる証:湿熱 
霊黄参(れいおうさん)
次の場合の滋養強壮に有効とされています。
虚弱体質 肉体疲労 病中病後     
→よく使われる証:気滞 湿熱 

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.