「湿痰」体質を改善する漢方薬

「湿痰」体質を改善する漢方薬
お客様ページ

HOME漢方薬の種類>「湿痰」体質を改善する漢方薬

「湿痰」体質を改善する漢方薬

■フリーワード検索



■証別検索

葛根湯(かっこんとう)
「自然発汗がなく頭痛、発熱、悪寒、肩こり等を伴う比較的体力のある人」の次の症状に有効とされています。
感冒 鼻風邪 熱性疾患の初期     
→よく使われる証:湿痰 
桂枝湯(けいしとう)
次の症状に有効とされています。
体力が衰えたときの風邪の初期 
→よく使われる証:湿痰 
桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)
次の症状に有効とされています。
神経痛 関節痛 
→よく使われる証:湿痰 
桂枝芍薬知母湯(けいししゃくちもとう)
「関節の痛み、やせていて、脚部が腫張し、めまい、悪心ある人」の次の症状に有効とされています。
神経痛 関節リウマチ 
→よく使われる証:湿痰 
香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)
「体力中等度以下で、気分が沈みがちで頭が重く、胃腸が弱く、食欲がなく、みぞおちがつかえて疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすい人」の次の症状に有効とされています。
胃炎 胃腸虚弱 胃下垂     
→よく使われる証:気虚 湿痰 
五積散(ごしゃくさん)
「慢性に経過し、症状の激しくない人」の次の症状に有効とされています。
胃腸炎 腰痛 神経痛       
→よく使われる証:湿痰 
柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
「発熱汗出て、悪寒し、身体痛み、頭痛、はきけのある人」の次の症状に有効とされています。
感冒・流感・肺炎・肺結核などの熱性疾患 胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胆のう炎・胆石・肝機能障害・膵臓炎などの心下部緊張疼痛 
→よく使われる証:気滞 湿痰 
柴苓湯(さいれいとう)
「吐き気、食欲不振、のどのかわき、排尿が少ない人」の次の症状に有効とされています。
水瀉性下痢 急性胃腸炎 暑気あたり  
→よく使われる証:湿痰 
小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
次の疾患における水様の痰、水様鼻汁、鼻閉、くしゃみ、喘鳴、咳嗽、流涙に有効とされています。
気管支喘息 鼻炎 アレルギー性鼻炎    
→よく使われる証:湿痰 
続命湯(ぞくめいとう)
「言葉のもつれや手足の知覚がにぶり、しびれを伴う人」の次の症状に有効とされています。
高血圧 めまい 耳鳴り        
→よく使われる証:湿痰 
疎経活血湯(そけいかっけつとう)
次の症状に有効とされています。
関節痛 神経痛 腰痛  
→よく使われる証:湿痰 
大防風湯(だいぼうふうとう)
「関節がはれて痛み、麻痺、強直して屈伸しがたい人」の次の症状に有効とされています。
下肢の関節リウマチ 慢性関節炎 痛風 
→よく使われる証:湿痰 
二朮湯(にじゅつとう)
次の症状に有効とされています。
五十肩 
→よく使われる証:湿痰 
半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)
「胃腸虚弱で下肢が冷え、めまい、頭痛がある人」に有効とされています。
→よく使われる証:湿痰 
茯苓飲(ぶくりょういん)
「吐きけや胸やけがあり尿量が減少する人」の次の症状に有効とされています。
胃炎 胃アトニー 溜飲 
→よく使われる証:湿痰 
茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)
「気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、時に動悸、めまい、嘔気、胸やけなどがあり、尿量の減少する人」の次の症状に有効とされています。
不安神経症 神経性胃炎 つわり   
→よく使われる証:気滞 湿痰 
茯苓飲加半夏(ぶくりょういんかはんげ)
「胸やけ、げっぷ、吐き気があり尿量が少ない人」の次の症状に有効とされています。
胃炎 胃アトニー 
→よく使われる証:湿痰 
茯苓沢瀉湯(ぶくりょうたくしゃとう)
「体力中等度以下で、胃のもたれ、悪心、嘔吐のいずれかがあり、渇きを覚える人」の次の症状に有効とされています。
胃炎 胃腸虚弱 
→よく使われる証:湿痰 
防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)
「色白で筋肉軟らかく水ぶとりの体質で疲れやすく、汗が多く、小便不利で下肢に浮腫をきたし、膝関節の腫痛する人」の次の症状に有効とされています。
腎炎 ネフローゼ 妊娠腎        
→よく使われる証:湿痰 
麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)
次の症状に有効とされています。
感冒 気管支炎 気管支ぜんそく  
→よく使われる証:湿痰 
麻黄湯(まおうとう)
「悪寒、発熱、頭痛、腰痛、自然に汗の出ない人」の次の症状に有効とされています。
感冒 インフルエンザ(初期の人) 関節リウマチ    
→よく使われる証:湿痰 
麻杏薏甘湯(まきょうよくかんとう)
次の症状に有効とされています。
関節痛 神経痛 筋肉痛 
→よく使われる証:湿痰 
薏苡仁湯(よくいにんとう)
次の症状に有効とされています。
関節痛 筋肉痛 
→よく使われる証:湿痰 
六君子湯(りっくんしとう)
「胃腸が弱く、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすい人」の次の症状に有効とされています。
胃炎 胃アトニー 胃下垂     
→よく使われる証:気虚 湿痰 
苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)
「貧血、冷え症で喘鳴を伴う喀痰の多い咳嗽がある人」の次の症状に有効とされています。
気管支炎 気管支喘息 心臓衰弱  
→よく使われる証:湿痰 
苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)
「腰に冷えと痛みがあって、尿量が多い人」の次の症状に有効とされています。
腰痛 腰の冷え 夜尿症 
→よく使われる証:湿痰 
苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
「めまい、ふらつきがあり、又は動悸があり尿量が減少する人」の次の症状に有効とされています。
神経質 ノイローゼ めまい    
→よく使われる証:湿痰 
補気健中湯(ほきけんちゅうとう)
「体力虚弱で胃腸が弱い人」の次の症状に有効とされています。
腹部膨満感 むくみ 
→よく使われる証:気虚 湿痰 

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.