「陽虚」体質を改善する漢方薬

「陽虚」体質を改善する漢方薬
お客様ページ

HOME漢方薬の種類>「陽虚」体質を改善する漢方薬

「陽虚」体質を改善する漢方薬

■フリーワード検索



■証別検索

桂枝人参湯(けいしにんじんとう)
「胃腸の弱い人」の次の症状に有効とされています。
頭痛 動悸 慢性胃腸炎  
→よく使われる証:陽虚 
牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)
「疲れやすくて、四肢が冷えやすく尿量減少又は多尿で時に口渇がある人」の次の症状に有効とされています。
下肢痛 腰痛 しびれ      
→よく使われる証:陽虚 
呉茱萸湯(ごしゅゆとう)
「手足の冷えやすい中等度以下の体力の人」の次の症状に有効とされています。
習慣性偏頭痛 習慣性頭痛 嘔吐  
→よく使われる証:陽虚 
炙甘草湯(しゃかんぞうとう)
「体力がおとろえて、疲れやすい人」の次の症状に有効とされています。
動悸 息切れ 
→よく使われる証:陽虚 
真武湯(しんぶとう)
「新陳代謝の沈衰している人」の次の症状に有効とされています。
胃腸疾患 胃腸虚弱症 慢性腸炎               
→よく使われる証:陽虚 
大建中湯(だいけんちゅうとう)
「腹が冷えて痛み、腹部膨満感のある人」に有効とされています。
→よく使われる証:陽虚 
人参湯(にんじんとう)
「体質虚弱、虚弱により体力低下した人」の次の症状に有効とされています。
急性・慢性胃腸カタル 胃アトニー症 胃拡張   
→よく使われる証:陽虚 
八味地黄丸料(はちみじおうがんりょう)
「疲労、倦怠感著しく、尿利減少又は頻数、口渇し、手足に交互的に冷感と熱感のある人」の次の症状有効とされています。
腎炎 糖尿病 陰萎       
→よく使われる証:陽虚 
活命参(かつめいさん)
次の場合の滋養強壮に有効とされています。
虚弱体質 肉体疲労 病中病後     
→よく使われる証:陽虚 陰虚 
霊鹿参(れいろくさん)
次の場合の滋養強壮に有効とされています。
虚弱体質 肉体疲労 病中病後     
→よく使われる証:陽虚 

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.