合谷(ごうこく)|ツボ

合谷(ごうこく)|ツボ
お客様ページ

HOMEツボ>合谷(ごうこく)

合谷(ごうこく)

合谷(ごうこく)の情報をご紹介します。
表示の動画をご覧いただくと(非表示の場合はごめんなさい)、ツボの位置を簡単にみつけられます。情報は、まんが経穴入門(医道の日本社)、よくわかるツボ健康百科(主婦と生活社)を参考にしています。

合谷(ごうこく)の由来


このツボは、親指と人さし指の分かれ目のくぼみにあります。合谷という名称は、このくぼみがまるで谷のようであり、第一と第二の中骨が接する部位の形が、峡谷状になっていることを表現しています。合谷は、手の陽明大腸経の原穴です。


合谷(ごうこく)の効能


たくさんの用途に使われる万能つぼです。特に、鎮痛効果が高いことで知られています。頭痛、歯痛、のどの痛み、鼻血、鼻水、口炎、耳鳴り、視力低下、脳血管障害、むち打ち症など、多岐にわたっています。下痢や便秘、腹痛、神経まひに効果があります。更に、月経痛、月経障害、高血圧症や低血圧症、むくみ、疲労、倦怠感、てんかん、子どものひきつけにも、効果を発揮します。そして、円形脱毛症、乗り物酔いなどに対する効果もあります。


合谷(ごうこく)の位置


手の甲側にあります。人差し指で、指の骨と手根の骨との間をつないでいる二番目の細長い管状の骨(第二中手骨)の中間点の外側にあります。少し力を入れ押さえると、痛みを感じます。


合谷(ごうこく)が所属する経絡


手の陽明大腸経


サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.