肩中兪(けんちゅうゆ)|ツボ

肩中兪(けんちゅうゆ)|ツボ
お客様ページ

HOMEツボ>肩中兪(けんちゅうゆ)

肩中兪(けんちゅうゆ)

肩中兪(けんちゅうゆ)の情報をご紹介します。
表示の動画をご覧いただくと(非表示の場合はごめんなさい)、ツボの位置を簡単にみつけられます。情報は、まんが経穴入門(医道の日本社)、よくわかるツボ健康百科(主婦と生活社)を参考にしています。

肩中兪(けんちゅうゆ)の由来


「肩」は部位、「中」は中間を意味しています。「兪」は気血が出入りするツボを意味しています。「肩外兪」と対応するツボで、こらは正中線に近い側にあり、「肩井」と「大椎」の中間にあることから名付けられました。


肩中兪(けんちゅうゆ)の効能


「肩井」と並んで、肩こりの重要なツボとして広く用いれています。また、腕の神経が肩中兪からも出ているので、腕のしびれや痛みにも効果を発揮します。肩から背中へかけての痛みや筋肉のこわばりにも効きます。そのほか、風邪や喘息などの呼吸器疾患、片頭痛にも有効です。また、かすみ目や疲れ目、視力回復に使われます。


肩中兪(けんちゅうゆ)の位置


背骨の第七頚椎きょく突起(椎骨の後端が突出している部分)の下縁をはさんだ両側です。体の真ん中(後正中線)から親指の幅二本分外側にあります。第七頚椎きょく突起は、首を前に曲げたときに、首の後ろで最も突出して盛り上がったところです。


肩中兪(けんちゅうゆ)が所属する経絡


手の太陽小腸経


サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.