内庭(ないてい)|ツボ

内庭(ないてい)|ツボ
お客様ページ

HOMEツボ>内庭(ないてい)

内庭(ないてい)

内庭(ないてい)の情報をご紹介します。
表示の動画をご覧いただくと(非表示の場合はごめんなさい)、ツボの位置を簡単にみつけられます。情報は、まんが経穴入門(医道の日本社)、よくわかるツボ健康百科(主婦と生活社)を参考にしています。

内庭(ないてい)の由来


「内」は、内・中という意味です。「庭」は、庭や空き地などの広い場所を意味します。内庭は、足の親指の隣の第二指と次の第三の内側の間で、指を開くと庭のように広くなっているという場所から名付けられました。


内庭(ないてい)の効能


足やひざの痛み、まひ、けいれんなどの症状に用いられます。また、脚気、熱の出る病気などにも効果があります。消化器系の症状にも効き、胃腸が弱っているときの腹部膨満感や下痢、胃痛、口内炎などの治療にも使われています。そのほか、頭痛や顔面神経麻痺、歯痛、手足の冷えなどに効きます。


内庭(ないてい)の位置


ツボ名にみるように、足の甲で、第二指と第三指の分かれ目にあたるところにあります。


内庭(ないてい)が所属する経絡


足の陽明胃経


サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.