少海(しょうかい)|ツボ

少海(しょうかい)|ツボ
お客様ページ

HOMEツボ>少海(しょうかい)

少海(しょうかい)

少海(しょうかい)の情報をご紹介します。
表示の動画をご覧いただくと(非表示の場合はごめんなさい)、ツボの位置を簡単にみつけられます。情報は、まんが経穴入門(医道の日本社)、よくわかるツボ健康百科(主婦と生活社)を参考にしています。

少海(しょうかい)の由来


「少」は、少ないという意味です。「海」は、海のように、人間の生命維持に必要なエネルギーである気血が大量に集まる場所です。気血は、最初から体中に充満しているのではなく、泉の湧き水が徐々に川になり海へ注ぐように、次第に大きな流れになるものです。少海は、ここで海へ注ぎ込むという大事なツボです。


少海(しょうかい)の効能


ひじから前腕にかけての痛み、わきの下の痛みに、効果を発揮します。野球やテニスひじに効果があります。少海のある位置には、尺骨神経という太い神経が走っているので、この神経を刺激して、痛みやこりなどをとります。また、頭痛やめまい、耳鳴り、冷え症、歯痛などにも用いられるツボです。


少海(しょうかい)の位置


ひじを心角に曲げたときに、ひじの内側(手のひら側)に横じわができます。このしわの小指側の先端に少海があります。しわが二本できるときは、手のひら側に近いほうが少海です。ひじの横じわの小指側を触ると、上腕骨の出っぱりを見つけることができます。そこを目安に、わずかに親指側にたどった位置を探してもOKです。


少海(しょうかい)が所属する経絡


手の少陰心経


サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.