商陽(しょうよう)|ツボ

商陽(しょうよう)|ツボ
お客様ページ

HOMEツボ>商陽(しょうよう)

商陽(しょうよう)

商陽(しょうよう)の情報をご紹介します。
表示の動画をご覧いただくと(非表示の場合はごめんなさい)、ツボの位置を簡単にみつけられます。情報は、まんが経穴入門(医道の日本社)、よくわかるツボ健康百科(主婦と生活社)を参考にしています。

商陽(しょうよう)の由来


このツボは手の陽明大腸経の井穴で、「商」は五音の一つで五行では「金」に属しています。ちなみに、大腸と肺が「金」に属しています。もう一つの「陽」は、陰陽の陽を指しています。手のひらは陰で、手の甲は陽です。ということで、手の甲にこのツボがあることを示しています。


商陽(しょうよう)の効能


みぞおちの重苦しい感じを治療するときに用います。また下痢の症状にも効果があります。咳や痰などの呼吸器症状をはじめ、耳鳴り、難聴、歯痛、眼精疲労、胸苦しさ、手指のまひなど、いろいろな症状に活躍します。更に、瀉血や扁桃炎、脳充血、高血圧、耳鳴り、胸のつかえにも効果があります。


商陽(しょうよう)の位置


このツボは、手の甲を上にして見た人さし指上で、親指の爪のつけ根にあります。爪のきわから、ごくわずかに離れた位置にあります。


商陽(しょうよう)が所属する経絡


手の陽明大腸経


サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.