天枢(てんすう)|ツボ

天枢(てんすう)|ツボ
お客様ページ

HOMEツボ>天枢(てんすう)

天枢(てんすう)

天枢(てんすう)の情報をご紹介します。
表示の動画をご覧いただくと(非表示の場合はごめんなさい)、ツボの位置を簡単にみつけられます。情報は、まんが経穴入門(医道の日本社)、よくわかるツボ健康百科(主婦と生活社)を参考にしています。

天枢(てんすう)の由来


「天」は上部、すなわち上半身を指します。「枢」は枢軸、要所を指します。つまり、天枢というツボ名は、体の上半身と下半身の境目にある大切な場所であることを示しています。東洋医学(漢方)の古典的概念では、天部と地部の境になるへその周辺は、上半身と下半身の気が交差していると考えています。そのため、へその周辺のツボは、とくに大切な場所としています。


天枢(てんすう)の効能


上半身と下半身のバランスをとる働きがあるツボです。胃腸や肝臓、胆嚢、脾臓など、消化器系疾患全般に広く効果があります。とくに吐き気や嘔吐を伴う慢性炎や、胃弱による胸やけやゲップ、慢性の下痢や便秘などに効きます。そのほか、子宮や卵巣、精巣といった生殖器の病気、腎臓、倦怠感や冷え症などにも用いられます。


天枢(てんすう)の位置


おへその両側で、親指の幅二本分外側のところにあります。


天枢(てんすう)が所属する経絡


足の陽明胃経


サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.