症状別@漢方|漢方動画

症状別@漢方|漢方動画
お客様ページ

HOME漢方動画>症状別@漢方の漢方動画

症状別@漢方の漢方動画

■フリーワード検索



■分類別

「耳鳴り」の漢方薬とツボ
耳鳴りは、大きく3つに分類されます。体内の水不足が原因で起こるタイプで、陰虚(いんきょ)に当たります。ストレスでイライラが強くて起こるタイプで、気滞(きたい)に当たります。ふわふわしためまいと一緒に耳鳴りがするタイプで、血虚(いんきょ)に当たります。
「のぼせ」の漢方薬とツボ
人前で発表する場面などで、上がってしまいボーっとするのも一時的とはいえのぼせです。漢方的には、頭に上がった気が停滞してしまったことで、のぼせが起こると考えます。慢性的なのぼせが、のぼせ症となり病名がつきます。
「むくみ」の漢方薬とツボ
一日立ち仕事をしていていると、靴がはきづらくなることがあります。これもむくみです。このような症状も過度に出ると、何とか改善したくなるものです。漢方では、心臓や腎臓に重篤にある方は別として、足がパンパンしてくる状態の改善はかなり有効と考えます。むくみのタイプを、大きく2つに分けて説明しましょう。
「更年期障害」の漢方薬とツボ
更年期障害は、ホットフラッシュといって上半身が熱くなる症状で、時には汗をかきます。ただ、その場合でも足元が冷える「冷えのぼせ」になる方も多いです。その他にも、動悸、不安、イライラ感、不眠といった精神的な症状が出ることもあります。このような更年期障害は、ホルモンのバランスの乱れが原因のことが多いです。
「逆流性食道炎」の漢方薬とツボ
逆流性食道炎とは、胸焼けや胸の痛み、のどの辺りのちりちり感、違和感、げっぷが上がってくる症状です。たまに人によっては、心臓病と間違えるほどの強い痛みがあります。このような逆流性食道炎を、漢方では3つのタイプに分けて考えます。
「冷え」の漢方薬とツボ
冷えの治療に、漢方はよく使われます。なぜなら得意分野だからです。まず、冷えのタイプは漢方では大きく2つに分類されます。体内で熱をつくる力がないタイプと、熱をつくる力はあっても、熱を体中に供給する力がないタイプです。
「頭痛」の漢方薬とツボ
つらい頭痛には、即効性の高い市販薬で済ます方も多いようですが、漢方薬にも、頭痛の痛みを和らげる薬が多数あります。ロキソンンなどの痛み止めの一般薬は、胃腸に刺激を与えすぎると感じる方には、漢方薬がおススメです。漢方薬は、胃腸に優しいものがほとんどだからです。頭痛は、大きく2タイプに分かれます。緊張型と偏頭痛型です。
「勃起不全(ED)」の漢方薬とツボ
勃起不全の漢方薬は、歴史がつくったと言えるかもしれません。さて、勃起が困難になる原因は、漢方的に言うと、体の内の血液や体液、精となるホルモンなどの物質が不足していると考えます。それでは、勃起不全(ED・インポテンツ)に効く漢方薬を、4タイプに分けてご紹介します。
「イライラ」の漢方薬とツボ
誰でもイライラすることはあるでしょう。イライラの起こるメカニズムを簡単に説明します。漢方では、人間の体は、健康の時は気が回っていると考えます。その気が何らかの原因で体内で停滞すると、イライラが起こるというものです。漢方的には、気滞(きたい)の証(しょう)になります。
「肩こり」の漢方薬とツボ
肩こりを治すポイントは、どこに原因があるのかを見極めることが大事です。原因ごとに、その場所は変わってきます。漢方的には、その原因を4つに大別します。体が緊張したことによって起こる肩こり。血の巡りが悪くなって起こる肩こり。老廃物や疲労物質が貯まって起こる肩こり。胃腸の働きが悪くなって起こる肩こり
「咳・喘息」の漢方薬とツボ
咳や喘息に漢方治療を行う際は、しっかり状況や体質を見極めてから使う必要があります。咳は、湿度の影響を受けやすく、乾燥してくると咳は出やすくなります。ただ、元々体の中に潤いのない乾燥タイプの方と、むくみがちで体の中に余分な水分がある方は、注意が必要です。漢方薬の処方が、逆!になります。
「動悸」の漢方薬とツボ
ドキドキしたり、心臓がバクバクすることが動悸と言われます。動悸の漢方治療で一番大事なのは、自分の体にある、元気の気がどういう状態なのか、しっかり見据えることです。気が体の中に有り余っていないか。気が弱っていないか。
「認知症」の漢方薬とツボ
漢方薬によって、認知症の症状を緩和したり、記憶力を維持することが可能です。認知症には、大きく分けて2種類あります。徘徊をしたり、少しのことでも怒るタイプ。家に閉じこもりがちで、外出を嫌うタイプ。
「ダイエット」の漢方薬とツボ
肥満の方がダイエットしようとする場合の漢方薬をご紹介します。ただ、漢方薬は、ダイエットにいいから、これ!と言うのではありません。大きく分けて2つの体質で考えます。一つ目は、体内の代謝が低下するタイプです。二つ目は、ホルモンが影響している場合です。
「がん」の漢方薬とツボ
がん治療に有効な漢方薬は、3つのパターンに分けて考えます。一つ目は、予防する役割です。二つ目は、体力や免疫力をつけ、がんを退治する役割です。三つ目は、抗がん剤や手術などの副作用や、それに伴う不調を整える役割です。
「生理痛・月経障害」の漢方薬とツボ
生理痛や月経障害(月経困難)は、骨盤の中で起こっている疾患です。この骨盤ですが、下腹部の下にあり臓器の受け皿の役割も担っています。女性では、ここに子宮や卵巣が収まっています。漢方薬を決める際は、骨盤の中の状態をみて判断していきます。タイプごとに解説します。
「目の疲れ・ドライアイ」の漢方薬とツボ
目の疲れやドライアイは、涙の量が減ることで起きることの他に、体質的に体の中の水分が少ない方が影響しやすいと言えます。また、新鮮な血液の循環や供給が不足している方もなりやすい症状です。目の疲れやドライアイになりやすい体質を見極めることが、漢方治療では重要になってきます。
「花粉症」の漢方薬とツボ
花粉症の市販薬を飲んだ際、だんだん薬が効かなくなってきた経験はありませんか。これは、花粉にさらされている期間が長くなり、体が変化してきたのが原因です。実は、この期間の移り変わりが、漢方の証(しょう)の変化に似ているのです。この点を踏まえて、時期と証とを併せて解説します。
「口・のどの渇き」の漢方薬とツボ
漢方的には、口やのどの渇きが起こる原因は、体の水分が不足している状態とみています。また、加齢とともに唾液などが減ってくることも一つの要因となります。口の渇きは、唾液が出にくくなり口が渇く「シェーグレン症候群」という膠原病もあります。
「多汗症」の漢方薬とツボ
漢方的には、多汗の原因を体質ごとに分類し対処していきます。まずは、ストレスや緊張など「精神的」な面から多汗症になるケースです。次に、「ホルモン」の影響で上半身や頭から汗が出るホットフラッシュです。そして、「狭心症」によって寝汗や冷や汗が出るケースです。
「脱毛」の漢方薬とツボ
頭部の抜け毛は、漢方的には、男性又は女性ホルモンの乱れが原因の一つと考えます。更に、ストレスなど精神面が影響した脱毛や、頭皮に溜まったアレルギー体質が要因で起こる抜け毛があります。
「しびれ」の漢方薬とツボ
神経が圧迫されてしびれが起こるという原理は同じですが、漢方では、何かしらの原因で「気」の流れが滞ったことで神経を圧迫し、しびれが起こると考えます。では、このようなしびれについて、体質である証(しょう)ごとに紹介します。
「出産後」の漢方薬とツボ
出産時には、様々な症状が出てきます。例えば、意欲の低下やイライラなどのストレス系や乳腺炎などです。そして、意外と多いのが腱鞘炎です。これらの症状は、漢方的には主に次の3つのことが原因と考えます。体内の気が減ったことによる影響、体内の気が滞ったことによる影響、出産で失った血の不足による影響
「肌荒れ」の漢方薬とツボ
漢方では、肌荒れは、陰虚(いんきょ)の体質が原因と捕らえます。陰虚とは、体の中の水分や養分が不足しているタイプです。肌荒れは、皮膚表面の水分が不足していることから起こると考えます。西洋医学では、アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎などは、皮膚表面のバリア機能の低下が引き金となって、症状が出ると考えます。
「息苦しさ」の漢方薬とツボ
漢方では、息苦しさの原因を気の状態の悪化として捕らえます。ストレスや緊張なので気が停滞している状態です。体内の気が少なくなってくることが原因と考えます。元気がない状態になって息が吸いづらくなった状態です。アレルギーなどの呼吸器系の疾患も原因になります。。
「アトピー性皮膚炎」の漢方薬とツボ
アトピー性皮膚炎の漢方の捕らえ方は、大きく3つに分かれます。一つは、アレルギー体質で体内に炎症を起こしている方です。二つ目は、皮膚表面の水分量が保持できていない方です。三つ目は、ストレスや精神的な要素で皮膚炎が起きている方です。
「痛風」の漢方薬とツボ
痛風は、尿酸が特に足の親指の関節に結晶化し、腫れて痛みをもたらします。痛風を漢方では、体にとって不要な老廃物が解毒代謝できないことから原因と考えます。さて、ここで痛風のメカニズムをご説明します。
「口内炎」の漢方薬とツボ
口内炎になる要素は、いくつかあります。そもそも、口の中は、唾液によって常に粘膜を潤していますが、これが減ってきているタイプです。口の中の乾燥です。乾燥している中に、ウィルスや風邪の菌が口に入り炎症を起こすというものです。
「痔」の漢方薬とツボ
漢方では、痔になる原因を、肛門周囲の血液の循環が悪いことととらえます。これに加え、食事やアルコールによる不摂生など生活習慣が、悪影響を与えます。肛門は、食べたものが出る場所で、そこが炎症を引き起こしているのです。また、便秘の場合などは、排便時に肛門を切って出血します。
「慢性の気管支炎」の漢方薬とツボ
咳が長引いて病院に行くと、抗生物質が出ることがあります。が、飲んでもなかなか治らないという方も多いです。気管の炎症が咳を起こす原因なのは確かですが、抗生物質が効くのは風邪の菌が入っている場合です。それらが効かないでずるずる長引くケースは、アレルギーを疑う必要があります。
「うつ、鬱病」の漢方薬とツボ
意欲や気力が低下して、だるく感じたり、いつまでも寝ていたい、閉じこもっていたい、そう感じることが漢方でとらえる「うつ」です。それ以外に、多くの方がこんな症状をあわせて訴える例があります。眠れない。イライラしちゃう。不安感や焦燥感がある。ドキドキする。
「腱鞘炎」の漢方薬とツボ
体を使うと、体内には必ず老廃物が出ます。漢方では、これが十分にきれいに浄化されずに、指などに沈着してしまうのが原因で腱鞘炎になるととらえます。腱鞘炎は、自転車のブレーキワイヤーのさび付いた状態に似ています。
「だるさ」の漢方薬とツボ

「脊柱管狭窄症」の漢方薬とツボ

「膝の痛み」の漢方薬とツボ

「高血圧」の漢方薬とツボ

「おりもの」の漢方薬とツボ

「過食」の漢方薬とツボ

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.