PAGE TOP

【うち漢方】椎間板ヘルニアで手術回避を希望中!|光和堂薬局

|椎間板ヘルニアで手術回避を希望中!

相談内容(抜粋)

6月に腰に激痛があり、病院でMRIを撮り、椎間板ヘルニアと診断されました。かなり大きく飛び出し、神経を圧迫しており、手術した方が良いと医師に言われましたが、もう少し様子を見させてくれと現在にいたっております。

現在 症状は当初に比べればだいぶ落ち着いてはきましたが、まだ座ることはできません。歩行もゆっくりならできますし、座る以外の日常生活はできる状態です。痛みがでてから2週間くらいは日に日に良くなっていくのがわかったのですが、それ以降は一進一退な感じで、完璧に治すにはやはり手術しかないのだろうか?と思い始めております。

漢方薬を処方した先生

処方に至った先生の解説

椎間板ヘルニアにお悩みのご様子です。体質判定のチェックされた項目からすると、お腹に力が入るようにすることが、漢方的なヘルニア改善の糸口といえます。

胃腸の働きが安定してくると、腸腰筋に力が入り、腰が伸びるように姿勢がよくなります。この状態が下腹(丹田)に力が入った状態です。ヘルニアを回復させるためには、腰椎をしっかりと支える筋肉が必要です。腰椎を安定的に支え、椎間板に過度な力が加わらない状態を維持していれば、徐々にヘルニアは戻っていきます。リハビリとストレッチ、休息を上手に入れて生していただく必要があります。

漢方薬は、五積散と疎経活血湯が有効です。

処方された漢方薬

  • 五積散は、新陳代謝を高めて、余分な水分を排出します。腰のだるさやむくみの解消に良いです。

  • 疎経活血湯は、筋肉や神経などに良い血を送り込み、酸素や栄養分を供給します。それにより、筋肉や神経の働きを高めます。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例

現在のところ、同じ漢方薬が処方された相談例がありません。



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。