PAGE TOP

【うち漢方】股関節と背中辺りのあせもやアトピー|光和堂薬局

|股関節と背中辺りのあせもやアトピー

  • 相談者の体質

    陰虚 

相談内容(抜粋)

あせもは股関節と背中辺りに集中してます。アトピーの方は全身カサカサで顔、首回り、ひざの裏辺りが特にひどいです。便秘薬は服用していません。急性盲腸炎アトピー性皮膚炎と診断されたことがあります。

最近また乾燥肌気味になってきました 顔、首回りはかゆみがひどく、少し膿んでいる箇所もあります。排便は1日1回は出ますが量は多くはありません。膿は乾燥した所から出てるような感じです。かゆみのある顔、首回りは寝てる間に引っ掻いてそこから膿んでいる箇所もあります。

漢方薬を処方した先生

処方に至った先生の解説

あせもとアトピー性皮膚炎にお悩みというご相談です。体質判定の結果は、陰虚が強く出ています。皮膚や鼻口内などの粘膜を潤す体液が不足している状態です。アトピー体質の方は、陰虚になりやすい傾向があります。

お悩みと体質判定の結果を考慮すると、柴胡加竜骨牡蛎湯と消風散が有効です。

処方された漢方薬

  • 柴胡加竜骨牡蛎湯は、心を潤す作用もあり、熟睡感をもたらします。便通を良くする作用もあります。

  • 消風散は、皮膚の炎症を取り、化膿を予防する作用があります。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。