PAGE TOP

【うち漢方】難治性てんかんで泣き叫ぶ女児の悩み|光和堂薬局

|難治性てんかんで泣き叫ぶ女児の悩み

相談内容(抜粋)

5歳の女児です。難治性てんかんがあり、重度心身障害児です。在抗てんかん薬を3剤飲んでおります。その他気管分泌物をコントロールする薬、胃腸症状改善する薬を飲んでいます。これまでに漢方も随分試しましたが、便秘が強くなってしまったり、3か月服用しても改善させることができませんでした。煎じ薬は飲まないです。

舌も全体的に赤く、白苔が真ん中についてます。天気の気圧の変化や地震などの地場の変動に敏感です。落ち着きがなくなったり、突然火がついたように泣き叫びます。

漢方薬を処方した先生

処方に至った先生の解説

てんかんなど脳神経的な症状やなどでお困りです。体質判定の結果にある気虚陰虚気滞の改善から始めます。

そこで、一包を桂枝加竜骨牡蛎湯と柴胡加竜骨牡蛎湯の処方にします。もう一包を小建中湯と麻子仁丸料を処方します。

処方量は少なくし、それぞれにもうー処方を調合することで、下剤としての大黄の働きをマイルドにし、かつ他の作用を入れ込みます。服用回数は1日2回でよいです。もしまだ排便が悪ければ、3回にしていただく必要があります。処方量は、1回量各処方0.75gと少なくしてあります。服用回数は1日2回で、もし排便が悪い時は、3回にしていただく必要があります。万が一、下痢した場合は、1日1回でよいです。 

処方された漢方薬

  • 桂枝加竜骨牡蛎湯は、気力や身体の冷えなどを改善します。

  • 柴胡加竜骨牡蛎湯は、イライラ感や便通食欲などを改善します。

  • 小建中湯は、腹痛やお腹の張り、手足の冷えを改善します。

  • 麻子仁丸料は、お腹の張りを取りながら、大便を柔らかくして、便秘を解消します。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例

現在のところ、同じ漢方薬が処方された相談例がありません。



※ 当ページは、堀口和彦[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。