PAGE TOP

【うち漢方】喘息・リウマチ・アレルギー鼻炎|光和堂薬局

|喘息・リウマチ・アレルギー鼻炎

相談内容(抜粋)

喘息、リウマチ、アレルギー性鼻炎、右膝水腫たまり、何回か水腫抜いたりしてます。左足脛、15年前打撲と、診断され、その後、脛~足首まで、むくみあり、痛みもあり。そのため、左足膝下全体的にもむくみがあります。

最近、右膝痛みあり。足首内側に、蜘蛛状の静脈瘤と思われるのが、見つけました。リウマチの症状は、落ち着いているとおもいます。ただ、手首は、仕事上だと思うのですが、痛みがあるので常にサポーターをしてる状態です。

漢方薬を処方した先生

  • 堀口和彦(光和堂薬局院長 薬剤師)

処方時の先生の解説

むくみの原因となる湿痰の改善に麻杏薏甘湯を選びます。この処方に、気滞の改善と気管や鼻、食道などの余分な水分も排出する半夏厚朴湯をご用意します。

もう一包は、血虚と陰虚と鼻づまりなど鼻炎の改善に荊芥連翹湯を選びます。こちらもこの処方に、湿痰から湿熱を取る処方で、関節炎やむくみリウマチによい越婢加朮湯をご用意します。

処方された漢方薬

  • 麻杏薏甘湯は、むくみの原因となる湿痰の改善に作用します。

  • 半夏厚朴湯は、気滞の改善と気管や鼻、食道などの余分な水分を排出します。

  • 荊芥連翹湯は、血虚と陰虚と鼻づまりなど鼻炎の改善に用います。

  • 越婢加朮湯は、湿痰から湿熱を取る処方で、関節炎やむくみ、リウマチによいものです。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例

現在のところ、同じ漢方薬が処方された相談例がありません。