PAGE TOP

【うち漢方】3才の娘にイライラする症状|光和堂薬局

|3才の娘にイライラする症状

相談内容(抜粋)

現在3才になりたての娘の我儘やこだわりに毎日振り回されて、イライラして娘にひどい事を言ってしまいます。時にはバカとか学習能力がないなど、言葉の暴力とも言える事を3才の娘に言ってしまう自分がいます。怒鳴るのは毎日です。

言った後にとても後悔して反省しても、娘も普通の3才より口が達者で幼稚園年長くらいの子供並に言い訳や屁理屈を言うので反省してもまたすぐイラっとして怒ってしまいます。このままだと娘の性格に悪い影響が出始めているので、漢方でイライラを抑えたいのですが、頻繁に心療内科に通う暇もありません。 娘にこれ以上悪い影響が出る前になんとかしたいです。

基本体質として、アレルギー性鼻炎などがあります。

漢方薬を処方した先生

  • 堀口和彦(光和堂薬局院長 薬剤師)

処方時の先生の解説

イライラにお悩みとのことですね。体質判定の結果を拝見すると、血虚が一番強く、陰虚と気滞がそれに続きます。

血分と陰分は、心身双方を潤す作用があります。血は血液とほぼ同義で、筋肉や脳に酸素と栄養分を供給します。陰分は、体液やリンパ液をいい、鼻や目の粘膜や皮膚、毛髪などを潤し炎症を鎮める作用があります。

さらに陰分は心を潤す作用もあり、これが不足すると精神的に余裕がなくなり、すぐに感情的になりやすくなります。まずは、血分と陰分を十分に養い、心に余裕を持てる身体にすればよいです。

長時間の陣痛や妊娠時の体調が悪かった場合も含めて、出産時が苦労している場合、出血や発汗などで心身ともに疲労困憊します。その後の体力回復が十分になされないままに、職場復帰などをしますと、その後体調不良や精神的不安定に陥ってしますことがあります。これを産後血の道症と、漢方では呼びます。

睡眠が十分など休息を取っても、すっきりしないなどは、この血の道症の方に多いです。これは正に血虚と陰虚、気滞に状態です。出産での出血、大量の発汗、女性ホルモンの入替えなどが、これらの症状のもとになっています。

今回は、血虚と気滞の改善に抑肝散を選びます。さらに香蘇散をご用意します。

処方された漢方薬

  • 抑肝散は、肝の血を補い、精神的安定をもたらし、イライラや不安感などを緩和します。

  • 香蘇散は、身体や胃腸の緊張を取り、気を巡らし気滞を改善します。のどなどのリンパ節の炎症を鎮める作用もあり、アレルギー体質の方にもよいです。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例