PAGE TOP

【うち漢方】キーン・ボーという耳鳴り|光和堂薬局

|キーン・ボーという耳鳴り

相談内容(抜粋)

(相談の詳細は非公開)

漢方薬を処方した先生

  • 堀口和彦(光和堂薬局院長 薬剤師)

処方時の先生の解説

耳鳴りにお悩みとのことですね。体質判定の結果は、陰虚と湿痰が出ています。耳内は適度の潤いと乾燥が必要です。陰虚は粘膜などが乾燥して潤いのない状態を示し、特に鼓膜が乾燥するとキーンという耳鳴りが出やすいです。

また、湿痰は体内に余分な水分が停滞していることを示し、耳内に湿り気が多いと難聴気味になり、ボーという耳鳴りになりやすいです。また、めまいやふらつきを起こすこともあります。両方の状態があるようですね。

そこで今回は、香蘇散と五積散をご用意します。

処方された漢方薬

  • 香蘇散は、陰虚の耳鳴りと気力や肩こりの改善に作用します。

  • 五積散は、湿痰の耳鳴りと全身の重だるさの改善に作用します。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例

現在のところ、同じ漢方薬が処方された相談例がありません。