PAGE TOP

【うち漢方】尿路結石で排出されない背中や膀胱痛|光和堂薬局

|尿路結石で排出されない背中や膀胱痛

相談内容(抜粋)

尿路結石にかかっています。今は膀胱には落ちてきているということですが、それからなかなか石が排出されません。激痛はなくなりましたが、まだ背中(腎臓?)の痛み、膀胱付近や膀胱の痛み、排尿痛残尿感があります。

それから痛みのせいか分かりませんが、残便感があり、一日2、3回の排便という多さも気になります。排便時も痛みを感じます。別件で月経時の痛みのひどさも気になります。水は2リットル~3リットルぐらいは飲んでます。運動はあまりできていません。

排尿は波がありますが、一日8回ぐらいで、痛みは排尿の終わり頃が多いです。排便時は下腹部が痛み、排出時は硬い感じですが、実際出たものを見るとそうでもないです。

漢方薬を処方した先生

処方に至った先生の解説

尿路結石にお悩みというご相談です。痛みが強い時は冷や汗がでる辛さで、背中から腰にまだ痛みはあるとのことです。飲水量に対して、排尿量が少ないです。

体質判定でも。湿が一番高く湿熱が次いでいます。体内の余分な水分が停滞している証拠です。排便と生理痛排尿痛などから、骨盤内が空間的に狭く流通が悪くなっているようです。

お悩みと体質判定の結果を考慮すると、湿湿熱の改善に五淋散が有効な処方です。生理痛と排便痛に折衝飲が有効です。折衝飲には下剤は入っていませんが、芍薬と桃仁が便通をスムーズにします。

処方された漢方薬

  • 五淋散は、湿痰と湿熱の改善に有効です。

  • 折衝飲は、骨盤内の血行を改善して、下腹部や腰の筋緊張を緩和します。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例

現在のところ、同じ漢方薬が処方された相談例がありません。



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。