PAGE TOP

【うち漢方】脊髄狭窄症からの腰痛と膝痛がひどい|光和堂薬局

|脊髄狭窄症からの腰痛と膝痛がひどい

  • 相談者の体質

    陽虚 

相談内容(抜粋)

長年腰痛を患っていて近年、膝の痛みがひどく、最近診断を受けた病院で脊髄狭窄症からの腰、膝の痛みだと診断されました。膝の周りは腫れやむくみ熱感はありません。

大便が硬いですが排便は1日1回あります。下剤などは服用していません。

漢方薬を処方した先生

処方に至った先生の解説

脊柱管狭窄症による腰痛膝痛にお悩みというご相談です。体質判定の結果から、陽虚血瘀が高く出ています。

大便が硬いとのことから通導散が有効な処方です。さらに疎経活血湯を調合した漢方薬が有効です。

処方された漢方薬

  • 通導散は、骨盤内の停滞した古い悪い血を通じ導き出す作用があります。骨盤内に停滞した悪い血があると、腰椎周辺の筋肉が硬くなり、痛みを出しやすくします。

  • 疎経活血湯は、血行を良くして、筋肉の生きを良くして、腰痛や膝痛を緩和します。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例



※ 当ページは、堀口和彦[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。