PAGE TOP

【うち漢方】PMSでイライラ・頭痛・生理痛など|光和堂薬局

|PMSでイライラ・頭痛・生理痛など

相談内容(抜粋)

生理痛の痛みだけではなく、普段からイライラや頭痛が絶えず、PMSにより生理前にはさらに悪化するような状態です。子どもがいるので、食生活や生活リズムには気をつけています。現在の状態では、子どもにイライラしたり、あたってしまうことが多いです。

以前、生理痛がひどく、産婦人科で芍薬甘草湯エキスをだしてもらいました。

漢方薬を処方した先生

処方に至った先生の解説

イライラにお悩みというご相談です。生理痛や生理前のイライラの悪化や頭痛もあるとのことです。

体質判定の結果を拝見すると、気虚の他に血虚や血瘀、気滞、陰虚、湿痰、湿熱も高く出ています。まずは気虚と気滞の改善に焦点を当てます。

お悩みと体質判定の結果を考慮すると、香蘇散と抑肝散を調合した漢方薬が有効です。もう一包は、折衝飲が有効です。

処方された漢方薬

  • 香蘇散は、のどから肺のリンパ液の流れを良くして、のどから胸付近の緊張を取ります。

  • 抑肝散は、心身の緊張やイライラ感を鎮め、血行を改善して手足を温める作用があります。

  • 折衝飲は、骨盤内の血行を改善して、下腹部や腰の筋緊張を緩和します。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例

現在のところ、同じ漢方薬が処方された相談例がありません。



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。