PAGE TOP

【うち漢方】シェーグレンなのか口の渇き|光和堂薬局

|シェーグレンなのか口の渇き

相談内容(抜粋)

五年前にシェーングレーンの診断を受けたことがありますが、内服はしていません。時期によりこうかつがありますが、一時期のように困ることはありません。

また胃の調子が悪い時に、市販の麦冬門湯を服用しています。眼の炎症で点眼は続けています。下剤は使用していません。不規則ですが、硬くても、排便は隔日程度にあります。

漢方薬を処方した先生

  • 堀口和彦(光和堂薬局院長 薬剤師)

処方時の先生の解説

口の渇きにお悩みとのことですね。シェーグレンとの診断もあるようですね。体質判定の結果を拝見すると、心身ともに潤いがない状態のようですね。

麦冬門湯はシェーグレンによる口渇に使いますが、心の潤いを補うことと、胃腸の粘膜の潤いを補うことには、不十分ですね。

血虚と陰虚の改善とご様子から滋陰降火湯と辛夷清肺湯を調合してご用意しますね。

処方された漢方薬

  • 滋陰降火湯は、のどから気管を潤します。咳や気管支炎にも使いますが、口から気管、食道、胃腸まで潤す作用もあります。

  • 辛夷清肺湯は、鼻づまりにもよいし、鼻のどを潤します。下剤は入っていませんが、大腸を潤しますので、便通は自然とよくなると思います。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例