PAGE TOP

【うち漢方】アトピー性皮膚炎の乾燥肌への対処は|光和堂薬局

|アトピー性皮膚炎の乾燥肌への対処は

相談内容(抜粋)

アトピー性皮膚炎乾燥肌です。大便は普通、1日に2ないし3回でます。便も異常はないと思います。小便は寒くなると回数がやや多くなります。

漢方薬を処方した先生

処方に至った先生の解説

アトピーによる乾燥肌にお悩みというご相談です。空気が乾燥するこれからの季節はお辛いかと存じます。

体質判定の結果を拝見すると、体液など潤いがない陰虚のレベルはやや高いです。その他、湿熱などもやや高くなっているので、皮膚表面は乾燥するけど、全体的には水分が余っているところもありそうです。今回は、便通や小便の出具合は良いようですので、陰虚の改善を主にしました。

お悩みと体質判定の結果を考慮すると、黄連解毒湯と白虎加人参湯が有効です。

処方された漢方薬

  • 黄連解毒湯は、体液を補い皮膚を潤す作用があります。また、炎症を鎮め、皮膚の荒れやひび割れを修復する作用もあります。

  • 白虎加人参湯は、身体の炎症熱を鎮めます。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。