PAGE TOP

【うち漢方】匂いを感じないか同じか|光和堂薬局

|匂いを感じないか同じか

相談内容(抜粋)

2013年11月頃に風邪をひきましたが、それ以降臭いを感じなくなりました。最近では臭いを感じることもありますが、ほとんど同じ様な臭いしかしません。また、食べ物を口に入れたときの風味も単一です。

漢方薬を処方した先生

  • 堀口和彦(光和堂薬局院長 薬剤師)

処方時の先生の解説

臭覚や味覚の低下にお悩みとのことですね。風邪から発症したようですね。体質判定の結果を拝見すると、陽虚や陰虚、血虚などが高く出ています。これは、精(身体を温めるたり新陳代謝を高めるホルモンの働き)や、陰分(リンパ液や体液など)、血(身体の細胞に酸素と栄養分を送る)が不足している状態を示します。

味覚や臭覚の低下は、鼻粘膜や舌が炎症を起こし、枯れてセンサーの感度が低下することによります。まずは、鼻や口内の粘膜を潤し、味覚や臭覚のセンサーに栄養分を送りきましょう。

その目的で、辛夷清肺湯を選びます。鼻粘膜の改善を目指せばよいので辛夷清肺湯がぴったりです。臭覚に対して良いと思います

処方された漢方薬

  • 辛夷清肺湯は、鼻から副鼻腔など目の奥の方の炎症を鎮めて、鼻をすっきりさせて、頭の重さを改善します。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例