PAGE TOP

【うち漢方】ヘルニア・ぎっくり腰だるさしびれ|光和堂薬局

|ヘルニア・ぎっくり腰だるさしびれ

相談内容(抜粋)

ヘルニア一度、ぎっくり腰三回の経験があります。今もぎっくり腰の後の右足のだるさとしびれがあります。寒い時期になるので、漢方を試してみようかと思いました。

漢方薬を処方した先生

  • 堀口和彦(光和堂薬局院長 薬剤師)

処方時の先生の解説

腰痛と右足のだるさとしびれにお悩みですね。体質判定の結果を拝見すると、血虚と陽虚、陰虚、気滞が高く出ています。新陳代謝が低下しており、身体を温める力が弱く、血行が悪化していることを示しています。

漢方では、新陳代謝を活性化し、冷えを去り血行を良くすることからスタートします。それには、桂枝加朮附湯や疎経活血湯がお勧めです。

処方された漢方薬

  • 桂枝加朮附湯は、神経痛による痛みを緩和します。

  • 疎経活血湯は、筋肉や神経などに良い血を送り込み、酸素や栄養分を供給します。それにより、筋肉や神経の働きを高めます。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例