PAGE TOP

【うち漢方】疲れやすく体力がなく朝が辛いときは|光和堂薬局

|疲れやすく体力がなく朝が辛いときは

相談内容(抜粋)

疲れやすく、体力がなく、朝が辛い状況です。精神的に不安になることがあって、脇の多汗がとても気になります。特に暑い時や緊張したときなどに多く汗をかきます。

便秘のような症状になることが時々あります。またニキビが完治せずに残っています。額と顎の髪の抜ける量が増え、髪の量も少し減った気がします。

漢方薬を処方した先生

処方に至った先生の解説

疲れやすいことや、朝すっきり起きられない、不安感、緊張による汗、などにお悩みというご相談です。体質判定の結果を拝見すると、気滞血虚陰虚が高く出ています。

心身を潤す血液や体液などが不足しており、それが精神的な焦燥感をもたらし、心に余裕がなくなり、緊張不安感を引き起こしていると予想します。

まず、血虚陰虚を漢方で改善していく必要があります。漢方薬は、加味逍遥散と抑肝散が有効です。

処方された漢方薬

  • 加味逍遥散は、血虚の体質で疲れやすく、手足や頭がほてり発汗するタイプに良いです。下剤は入っていませんが、便通を促進する作用もあります。

  • 抑肝散は、心身の緊張感を緩和して、肩こり頭痛を改善し、イライラや不安感を鎮めます。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例



※ 当ページは、堀口和彦[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。