PAGE TOP

【うち漢方】肌荒れや顔の吹き出物のかゆみの悩み|光和堂薬局

|肌荒れや顔の吹き出物のかゆみの悩み

相談内容(抜粋)

全身にかゆみがでやすく、傷になりやすく治りにくい体質です。顔に吹き出物がでやすく(赤い)頭皮にもかゆみがでやすく、瘡蓋のようになってしまいます。背中は、皮膚が硬くなってかゆみが強くかくと出血します。また手足の皮膚も硬くなりやすく皮が剥けると厚く剥げてしまいます。爪はつねに縦に凹凸が出ています。

漢方薬を処方した先生

処方に至った先生の解説

肌荒れ、吹き出物、かゆみなどにお悩みというご相談です。体質判定の結果を拝見すると、陰虚が一番高く、次に血虚湿熱が出ています。陰虚は体液やリンパ液が不足している状態で、皮膚に潤いがないことを表しています。血虚は、皮膚など身体の細胞へ酸素と栄養分を供給する血が不足していることを示します。皮膚の再生の悪さに関与しています。

これらのお悩みと体質判定の結果を考慮すると、荊芥連翹湯と竜胆瀉肝湯を調合した漢方薬が有効です。

処方された漢方薬

  • 荊芥連翹湯は、皮膚や粘膜を潤し、炎症を鎮め、皮膚の瘡蓋や吹き出物を改善します。

  • 竜胆瀉肝湯は、解毒代謝を活性化して、停滞する余分な水分や炎症を鎮めます。小便をスッキリさせて、おりもの減らします。かゆみを抑える作用もあります。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例



※ 当ページは、堀口和彦[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。