PAGE TOP

【うち漢方】お腹が張る軽度の急性膵炎の漢方相談|光和堂薬局

|お腹が張る軽度の急性膵炎の漢方相談

相談内容(抜粋)

軽度の急性膵炎です。食べ物も普通に食べてますが、たまにみぞおちや背中が痛くなる。消化しにくいみたいでお腹が張ります。ちょっと多く食べるとずっと胃に残ってる感じがしてます。たまにきゅっとした痛みがでます。

漢方薬を処方した先生

処方に至った先生の解説

膵炎にお悩みというご相談です。体質判定の結果を拝見すると、気虚が出ています。これは、消化吸収の力が弱り、体内に栄養分が十分に取れ込めずに、元気が出ない状態を示します。

まず消化吸収力を高めるために六君子湯が有効です。さらに、みぞおちや背中の痛みを緩和して膵臓の働きを高める安中散を加えた処方が有効です。

処方された漢方薬

  • 六君子湯は、消化吸収力を高めます。

  • 安中散は、みぞおちや背中の痛みを緩和して、膵臓の働きを高めます。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例



※ 当ページは、堀口和彦[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。