PAGE TOP

【うち漢方】つねに疲労感がありイライラして過食|光和堂薬局

|つねに疲労感がありイライラして過食

相談内容(抜粋)

つねに疲労感があり、イライラして過食傾向にあります。胃腸が不快で食べても吐いてしまうことが多いです。便秘、肩凝り、腰痛の症状もあります。便秘薬はほとんど使いません。だいたい毎日少しは出ますが、スッキリしないのと出すのにそうとう頑張る感じ。ひどいときはいちじく浣腸で出します。

漢方薬を処方した先生

処方に至った先生の解説

疲労感やイライラ感、過食などにお悩みというご相談です。ホルモンと自律神経の働きが乱れているようです。体質判定の結果を拝見すると、血虚気滞が特に高く出ています。

血虚は、酸素や栄養分などが必要な筋肉や脳などに、良い血を供給する働きが低下していることを示します。これらの調整にはホルモンと自律神経の働きが関与しています。気滞は、精神的な緊張が、身体の緊張感を作り、肩こり疲れ目イライラ不安感、不眠などを引き起こします。

まず自律神経の働きを整え、胃腸の働きを調整する必要があります。便秘の解消や過食など。さらに、ホルモンの働きを調整して、生理周期を一定にします。

お悩みと体質判定の結果を考慮すると、柴胡加竜骨牡蛎湯と桃核承気湯が有効です。

処方された漢方薬

  • 柴胡加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、肩こりや疲れ目、イライラや不安感、不眠などを改善します。

  • 桃核承気湯は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、生理周期や過食などを改善します。便通を良くする作用もあります。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。