PAGE TOP

【うち漢方】疲れと酸素不足の肺気腫での悩み相談|光和堂薬局

|疲れと酸素不足の肺気腫での悩み相談

  • 相談者の体質

    陽虚 

相談内容(抜粋)

タバコを一日20本吸ってました。禁煙して10年以上になります。いまだに疲れます。また、酸素が不足しているような感覚があります。最近は頻尿や夜間尿もあります。

漢方薬を処方した先生

処方に至った先生の解説

肺気腫にお悩みというご相談です。喫煙により、肺胞が傷んでいると思いますが、肺は5袋あり、肺胞はたくさんあり、肺の奧の方には、まだ元気な肺胞もあります。大きく深い呼吸ができる身体に仕向けて、残りの元気な肺胞を維持するようにすることです。

体質判定の結果を拝見すると、陽虚が高く出ています。身体の芯の冷えは、新陳代謝の機能低下を示しています。酸素を全身に行き渡らせるために、新陳代謝の向上は必須です。

そのために、真武湯が有効です。さらに、気力を高め呼吸をしやすくするために人参養栄湯を調合した漢方薬が有効です。

処方された漢方薬

  • 真武湯は、酸素を全身に行き渡らせるために、新陳代謝の向上に作用します。

  • 人参養栄は、気力を高め、呼吸をしやすくします。

  • 八味地黄丸は、真武湯に近く陽虚を改善し、体内の新陳代謝を高めて水分代謝を活性化して、小便の出方をスッキリさせ、腰の重だるさを軽減します。

  • 半夏厚朴湯は、のどから胸部の緊張感を緩和して、呼吸しやすくします。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例

現在のところ、同じ漢方薬が処方された相談例がありません。



※ 当ページは、堀口和彦[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。