PAGE TOP

【うち漢方】顔のホットフラッシュや背中の熱さに|光和堂薬局

|顔のホットフラッシュや背中の熱さに

相談内容(抜粋)

更年期症状の相談です。去年の8月頃から、生理が来たり来なかったり(元々、子宮筋腫がある為、生理が重く、周期が不規則で、ひどい貧血にもなりました)その頃から、背中が急に熱くなるホットフラッシュの様な症状が始まりました。

現在は、だらだら生理や重い生理が来てる時は、ホットフラッシュの症状も、あまり感じないのですが、生理が終わって一週間もたたない内に、顔や体が熱くなり、汗が出て来る症状に変化して来ました。睡眠中にも、急に体が熱くなり、目が覚めてしまう事がしばしばで、困っております。

婦人科では、ホルモン補充療法を勧められておりますが、ホルモン剤は怖くて使う気にはなれません。漢方薬は、効きが遅いし、人によって効果がまちまちと、婦人科では言われました。現在は、ホットフラッシュの症状が一番辛いです。症状が治まっても、赤くなった顔が中々元に戻らないのにも困っております。

漢方薬を処方した先生

処方に至った先生の解説

更年期のホットフラッシュにお悩みというご相談です。女性ホルモンが大きく入れ替わる時は、大脳の下にある脳下垂体がフル稼働します。

脳下垂体からは、副腎や甲状腺、乳腺などを刺激するホルモンも分泌しています。よって更年期の脳下垂体フル稼働状態は、他のホルモンのバランスも乱します。さらに脳下垂体上部の自律神経の中枢である視床下部も影響を受けて、自律神経も乱れるのです。

これらの乱れが、更年期特有の症状であるホットフラッシュや不正出血などが起こります。これらを改善するために、ホルモンと自律神経を調和させることが必要です。

それには、通導散や女神散が有効です。

処方された漢方薬

  • 通導散は、骨盤内の宿便など停滞物をスッキリ排出して、下半身の血行を促進して、むくみなどを改善します。

  • 女神散は、ホルモンと自律神経の働きを調節して、更年期の症状を緩和します。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例



※ 当ページは、堀口和彦[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。