PAGE TOP

【うち漢方】荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)|光和堂薬局

|荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

荊芥連翹湯の効能・効果(添付文書)

次の症状に有効とされています。
  • 蓄膿症
  • 慢性鼻炎
  • 慢性扁桃炎
  • にきび

荊芥連翹湯が処方された体質(のべ数)

  • 血虚(58回)
  • 陰虚(56回)
  • 気滞(50回)
  • 血瘀(41回)
  • 陽虚(37回)
  • 湿痰(37回)
  • 湿熱(35回)
  • 気虚(29回)

荊芥連翹湯が処方された相談例

荊芥連翹湯を五感で表現

  • 黄褐色
  • 特異なにおい
  • 苦味を帯びて特異である

荊芥連翹湯の使用上の注意

1 次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人
(4)高齢者
(5)次の症状のある人
  むくみ
(6)次の診断を受けた人
  高血圧、心臓病、腎臓病
2 服用後、次の症状があらわれた場合は、直ちに服用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください。
  皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
  消化器:食欲不振、胃部不快感
3 まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
  間質性肺炎:せきを伴い、息切れ、呼吸困難、発熱等があらわれる。
  偽アルドステロン症:尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等があらわれる。
  肝機能障害:全身のだるさ、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる。
4 1か月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
5 長期連用する場合には、医師又は薬剤師に相談してください。

その他の情報

蓄膿症やアレルギーによる鼻炎などがなかなか治らず、治療に通ったり、あきらめたりといった具合で、「鼻」に悩んでおられる方が近年大変増えています。漢方では、過敏な体質又はアレルギー体質で、粘膜・皮膚が外界の刺激に反応しやすく、炎症反応を起こしやすい体質を解毒証体質と呼んでいますが、このような方は鼻症状を起こしやすく、また扁桃をしょっちゅう腫らしたり、ニギヒがなかなか治らなかったりします。

本剤は、これらの症状を治していく漢方薬でありますが、同時に水分や脂肪分の摂取を控えるなど、食生活や生活習慣の改善を心がけることも大切です。