PAGE TOP

【うち漢方】辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)|光和堂薬局

|辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)

辛夷清肺湯の効能・効果(添付文書)

次の症状に有効とされています。
  • 鼻づまり
  • 慢性鼻炎
  • 蓄膿症

辛夷清肺湯が処方された体質(のべ数)

  • 血虚(40回)
  • 気滞(38回)
  • 血瘀(32回)
  • 気虚(32回)
  • 陰虚(29回)
  • 陽虚(28回)
  • 湿痰(27回)
  • 湿熱(25回)

辛夷清肺湯が処方された相談例

辛夷清肺湯を五感で表現

  • 黄褐色
  • 特異なにおい
  • 苦い

辛夷清肺湯の使用上の注意

1 次の人は服用しないでください。
  生後3か月未満の乳児
2 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
(4)胃腸虚弱で冷え症の人
3 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
  消化器:食欲不振、胃部不快感
4 まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
  間質性肺炎:階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
  肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
  腸間膜静脈硬化症:長期服用により、腹痛、下痢、便秘、腹部膨満等が繰り返しあらわれる。
5 1か月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

その他の情報

本剤は、漢方の古典「外科正宗(げかせいそう)」(明代)収載の処方にもとづいてつくられました。最近は食生活や環境の変化などにより、鼻がつまって、スッキリしない方が増えています。濃厚な鼻汁が出たり、鼻がつまり、乾燥気味で熱感があるような蓄膿症などの鼻症状に用いられる漢方薬です。