PAGE TOP

【うち漢方】疎経活血湯(そけいかっけつとう)|光和堂薬局

|疎経活血湯(そけいかっけつとう)

疎経活血湯の効能・効果(添付文書)

次の症状に有効とされています。
  • 関節痛
  • 神経痛
  • 腰痛
  • 筋肉痛

疎経活血湯が処方された体質(のべ数)

  • 血虚(41回)
  • 陽虚(36回)
  • 気滞(30回)
  • 気虚(29回)
  • 陰虚(26回)
  • 湿痰(24回)
  • 血瘀(15回)
  • 湿熱(14回)

疎経活血湯が処方された相談例

疎経活血湯を五感で表現

  • 淡灰褐色
  • 特異なにおい
  • 苦味とえぐ味

疎経活血湯の使用上の注意

1 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人
(4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
2 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
  皮膚:発疹・発赤、かゆみ
  消化器:食欲不振、胃部不快感
3 1か月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

その他の情報

本剤は、漢方の古典といわれる中国の医書「万病回春」の痛風門編に収載されている薬方です。四肢や腰などからだの筋肉や関節の痛みに用いられます。この痛みは体内を走り、或いは刺すような痛みがあったり軽い浮腫をともなったりすることがあります。

痛みがあり、ときにしびれがある人の関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛に効果があります。