PAGE TOP

【うち漢方】肌荒れの漢方薬|光和堂薬局

|肌荒れの漢方薬

症状:肌荒れ変更>
体質:体質は未判定です。→→ 判定>
  • 温経湯は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、生理やおりものを改善します。睡眠の質を高めて、だるさや気力低下、肌荒れなどを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(7)

  • 清上防風湯は、血液やリンパ液の流れを促進して、皮膚やお肌の炎症を鎮めて、ニキビや痒み、肌荒れを改善します。

    この症状で処方した相談例(6)

  • 荊芥連翹湯は、皮膚や粘膜に停滞する老廃物を解毒して、炎症を鎮めて、ニキビや皮膚の赤み痛みを改善します。鼻づまりなどアレルギー体質や肌荒れを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(6)

  • 桂枝茯苓丸は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、血行を促進して、冷えや下肢のむくみ、肩こり、のぼせ、肌荒れなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(4)

  • 白虎加人参湯は、体液やリンパ液を増やして、皮膚や粘膜を潤して炎症を鎮めて、皮膚の痒みや肌荒れを改善します。

    この症状で処方した相談例(3)

  • 当帰飲子は、皮膚を潤し、肌荒れや乾燥を緩和して、シミそばかす、湿疹、かゆみなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 葛根黄連黄芩湯は、皮膚や粘膜の炎症を鎮めて、皮膚炎や大腸炎などを改善し、下痢や肌荒れを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 竜胆瀉肝湯は、体内に停滞する湿熱を解消して、解毒代謝を高め、小便をスッキリさせて、肌荒れや中耳炎などを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯は、身体を温めて、血行を促進して、皮膚や頭皮などに酸素と栄養分を供給して、冷えや肌荒れ、関節の痛みなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 当帰芍薬散は、ホルモンの働きを調整して、血を増やして、リンパ液の流れを促進して、むくみや肌荒れを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 桃核承気湯は、骨盤内に停滞する宿便や古血(瘀血)、水分などを排出して、便秘や小便の出を改善します。冷えのぼせや肩こり、肌荒れ、不眠なども改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 大柴胡湯は、解毒代謝を促進して、体内に停滞する余分な老廃物や毒素を排出して、便秘や肌荒れ、口内炎、お腹の張り、胃の不調などを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 大黄牡丹皮湯は、ホルモンの働きを調整して、骨盤内に停滞する宿便を解消して、便秘や生理不順、肌荒れ、皮膚の痒み、むくみなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 柴胡桂枝乾姜湯は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、肩こりや目の疲れ、イライラ感、生理不順、肌荒れなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 温清飲は、黄連解毒湯に近い処方ですが、血管や皮膚の炎症を鎮めて、酒さやのぼせ、肌荒れ、足のほてりなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

☑の価格を表示する→

関連する動画

肌荒れに効く基本となる体質別の「漢方薬とツボ」について、堀口和彦先生に東洋医学の見地から分かりやすく解説してもらいました。

肌荒れの相談例



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。