PAGE TOP

【うち漢方】自律神経の不調の漢方薬|光和堂薬局

|自律神経の不調の漢方薬

症状:自律神経の不調変更>
体質:気滞,気虚,血瘀,血虚,湿痰,陰虚,湿熱,陽虚 判定>
  • 女神散は、自律神経とホルモンの働きを調整して、血行を改善して、全身に血液が巡るようにします。その結果、頭部に偏り停滞した血を全身に分散します。眼底への血流を促進して、老廃物の溜まった悪い血を去る作用もあります。

    この症状で処方した相談例(79)

  • 柴胡加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、肩や胸、背中の筋肉を弛めて、呼吸をしやすくします。イライラや不安感を緩和する作用もあり、自律神経を調整して、便通のコントロールも良くします。

    この症状で処方した相談例(65)

  • 柴胡桂枝乾姜湯は、心身の緊張感を緩和して、血液やリンパ液の流れを促進して、冷えに強く風邪を引き難い体質にします。自律神経の働きを調整して、肩こりや不安感、意欲低下、食欲不振などを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(61)

  • 加味逍遥散は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、心身の緊張感を緩和して、不安感やイライラ感を鎮め、血圧の上昇や排便コントロールの悪さ(緊張での下痢腹痛や旅行での便秘)を改善します。血行を促進して冷えを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(49)

  • 温経湯は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、生理痛を改善します。さらに、子宮粘膜の機能を高めて、外部からの刺激や変化によるおりものを減らします。静脈血の流れを促進する作用があり、手足筋肉や目などの疲労物質を去り疲れを取る作用もあります。

    この症状で処方した相談例(40)

  • 芎帰調血飲は、産後のホルモンバランスを整えて、乳腺やリンパ節、関節などの炎症を鎮めます。さらに自律神経の働きを調整して、不安感やイライラ感、立ちくらみ、下痢などを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(34)

  • 抑肝散は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、イライラ感や怒りっぽさ、高血圧などを改善します。不安緊張感の緩和と自律神経の働きを調整するために、腹式呼吸もお勧めです。

    この症状で処方した相談例(25)

  • 桃核承気湯は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、イライラ感や過食、便秘などを改善します。骨盤内の宿便や瘀血(古血)を排出する作用もあり、大小便の排出と生理を促します。

    この症状で処方した相談例(15)

  • 桂枝茯苓丸料は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、血行を促進して、肩こりや目の疲れ、シミそばかすなどを改善します。また、子宮内をお掃除する作用があり、月経血の固まりを減らして行きます。

    この症状で処方した相談例(15)

  • 桂枝加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、不眠や眼精疲労、頻尿を改善します。自律神経に働きかけて、血管の拡張や収縮を調整し、頭痛を起きにくい体質にします。

    この症状で処方した相談例(12)

  • 半夏厚朴湯は、のど気管の緊張感を緩和して、のどの違和感や痰、鼻水などを改善します。関節の炎症は、女性ホルモンと深く関与しています。更年期や産後にリウマチを発症する方は多いですので、ホルモンと自律神経の働きを調整する必要があります。

    この症状で処方した相談例(8)

  • 当帰芍薬散は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、血液とリンパ液の流れを促進して、下肢の冷えや痛みしびれを軽減します。生理不順やむくみを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(6)

  • 苓桂朮甘湯は、自律神経の働きを調整して、胃腸の働きを高めて、動悸や息切れ、発汗、手足の冷え、立ちくらみ、下痢などを改善します。

    この症状で処方した相談例(5)

  • 半夏白朮天麻湯は、自律神経の働きを調整して、体内の水分代謝とバランスを良くして、頭痛や低血圧による立ちくらみ、肩こりなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(5)

  • 通導散は、骨盤内の停滞物を通じ導き、大腸や子宮、膀胱などの働きをスムーズにします。ホルモンの働きを調整して、生理不順なども改善します。ホルモンと自律神経の働きを調和させます。

    この症状で処方した相談例(5)

  • 黄連解毒湯は、自律神経の働きを調整して、頭部の炎症を鎮めて、イライラや不安感などを緩和します。体内に蓄積して老廃物を解毒する作用もあり、皮膚をきれいにします。

    この症状で処方した相談例(5)

  • 人参養栄湯は、胃腸の働きを高めて、気力体力をつけて、だるさや不安感などを改善します。いずれの処方も下剤は入っていませんが、自律神経の働きを調整して、便通を促進する作用があります。

    この症状で処方した相談例(4)

  • 香蘇散は、自律神経の働きを整えます。また、のど風邪やリンパの炎症にも使いますが、肩こりや頚椎の緊張を和らげる作用があります。紫蘇と香附子が、精神的な緊張や不安感を緩和する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(3)

  • 安中散は、胃酸の分泌を調整して、胃粘膜を保護して、修復します。自律神経の働きを調整して、不安緊張感を緩和して、胃の蠕動運動をスムーズにします。

    この症状で処方した相談例(3)

  • 九味檳榔湯は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、水分代謝を活性化して、小便を出し易くして、むくみやお腹の張り、立ちくらみ、イライラ感などを改善します。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 六味地黄丸は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、小便の出方やのどの渇きなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 六君子湯は、自律神経の働きを調整して、胃腸の働きを高めて、消化吸収を促進して、胃もたれや下痢、立ちくらみなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 茯苓飲は、自律神経の働きを調整して、胃腸の活動と精神的な活動を楽にして、胃の膨満感や不安感などを改善します。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 大柴胡湯は、自律神経の働きを調整して、肝機能の解毒作用を高めて、排便を増やして、体内に停滞する老廃物を浄化します。身体の緊張感を和らげて、陰部への反射的な刺激に対応できるようにする作用もあります。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 清心蓮子飲は、過活動膀胱など自律神経の緊張などによる頻尿などに良い処方です。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 麻杏甘石湯は、気管の炎症を鎮め、自律神経の働きを調整して、咳を改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 八味地黄丸料は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、骨盤内の血行を促進して、夜間の頻尿や動脈硬化などを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 釣藤散は、自律神経の働きを調整して、高血圧や頭痛、目の疲れなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 真武湯は、自律神経の働きを調整して、新陳代謝を高めて、全身の血液やリンパ液の流れを促進して、不整脈や動悸、めまいを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 神秘湯は、自律神経や咳中枢に作用して、咳を鎮めます。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 四逆散は、腹部の緊張感を緩和して、自律神経の働きを調整して、腹痛や膨満感、ゲップ、ガス、イライラ感、抑うつ感などを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 芎帰調血飲第一加減は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、血を補い、リンパ液の流れを促進して、乳腺の炎症を鎮めて、母乳を出し易くします。イライラ感や不安感、冷えなどを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 加味帰脾湯は、自律神経の働きを調整して、胃腸の働きを促進させて、気力体力を高め、不安感や気力低下、だるさ、睡眠の質などを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

☑の価格を表示する→